5時だよ、ゴハンだにゃん

(元)外ねこさんに支えられる日々と、
野良猫さん一家TNRの記録

ニッキさん 危機一髪

2017年06月30日 | つれづれの日々

保護部屋の朝は賑やか。ウォル&ふわり部屋 → ぽぽ&ゴロー部屋 → ニッキ&うっしー&お嬢部屋 の順にトイレ掃除をし、
朝ごはんを分けていく。
ドライフード昼夜は出したままなので、基本飢えてることはないはずなのだけどなんだか大騒ぎなんだよね(笑)
なかでも一番目立つのがニッキさん。こんな風にラティスドアから顔を出して催促する。
              
保護部屋の子たちは、意外に目が届きにくかったりする。
だから敢えて朝晩のトイレ掃除時には、どの子にも少しずつ個別にごちそうドライを与え、食欲や動きなどをチェックするように
している。

それは5月半ばのある朝だった。いつものように保護部屋へ向かったがなんだか足りない…変だぞ、ネコが足りない。
ラティスから顔を出してる猫がいない。「ニッキさん?」と呼ぶとどうやらベッドからのっそり出てきたようだった。
なんだ、寝坊か?と思ったが、ごちそうドライを前にしても考え込むばかりで口をつけない。部屋を見渡すと何カ所か嘔吐跡があった。
シェアルームの不便なところは、具合の悪い子を確定するのが難しいこと…だが、今回は100%体調不良なのはニッキさんだと判断した。
熱はない。下痢の痕跡もなし。腹水の貯留もなさそう。ニッキは結局何も口にせずベッドに戻って丸くなってしまった。
原因がわからないがしばらく様子をみることにして出勤。しかし夜になっても状況は変わらず…というかむしろ悪くなっていた。
完全に食欲廃絶し、水様物の嘔吐がそこかしこに。
とりあえず翌朝一番で受診。
血液検査では軽度の貧血が見られたけれど、それ以外には大きな問題なし。FIV(+)Felv(-)外生活中、ダブルキャリアだった
かるびさんに襲われまくっていたからFelvは高確率で(+)と思っていたけど意外にも(-)で驚いた。
ただ貧血もあるしFIVの経時的進行がベースにあるのかもね…と制吐剤を打ち、輸液をして帰宅。
…が、キャリーから出した直後から連続嘔吐。なにいったい?なんで嘔吐が止まらない?
接触したものはないはずだけれど何かの感染症?それとも中毒?
とにかく安静と安全確保のためケージレストし夜を越すことに。さすがに制吐剤が効いたのか、回数は少し減ったものの嘔吐自体は持続。
そして変わらず下からは何も出ず…これって症状的に疑われるのはまずイレウスか…。
ネコが体調不良で…と、仕事を切り上げ猛ダッシュで帰宅。吐きまくっているニッキを抱えて再診。

腹部X-Pでは腸内ガスの貯留がみられたが、明らかな通過障害等が起きている所見はなかった。じゃあなんなんだ?
実はもう一つ気になっている疾患があった。素人判断極まりないが。…が、偶然にもVETが口にした病名はまさにそれ。「膵炎かも」

大急ぎで採血し膵リパーゼ値を診る。初めて見たけどコンボテストみたいなキットなのねーそんでもってちょっと笑っちゃったのが
その判定の基準
     
【高値】ってwwwちょいとばかしざっくり杉ないか?爆
そしてニッキさんは…【高値】で膵炎ケテイ。

勉強不足であったが、ネコの膵炎は隠れた難病でネコの解剖学的特徴から三臓器炎という病態を引き起こしやすいこと、そのため
治療が難しく長期にわたること、また特異的な症状がないため(症状が多岐にわたる)発見が遅れ重症化しやすいことを恥ずかしながら
今更知り、とにかく驚き発見できたことにほっとした。

嘔吐が治まらないニッキさんの状態は正直けっこう悪く、脱水も皮下点滴ではもう追いつけないし、吐きまくっている状態では
投薬だってままならない。体重はもちろん激減。
通院のストレスと自宅での観察不足のリスクを考え、かわいそうだが入院・短期集中治療を選択した。

セレニアを注射後、嘔吐はなんとか治まり、持続点滴で脱水をガンガン補正、抗生剤も投与。3日目の夜VETから連絡が来た。
「吐かなくなったし、数値も正常範囲に戻った。でも全然食べない→それまずい。これはある意味賭けだけど…しろりんさん、
家で食べさせてくれないかな?」
そんなわけで診断から4日目ニッキさんを迎えにびよいんへ。
膵炎といえば、とにかく食止め その後は低脂肪食が基本だが、そもそもヒトと違いアルコール性や食事など原因のはっきりしない
ネコの膵炎の世界ではちょっと違うらしい。
ネコは飢餓時の脂肪代謝で肝臓に負担がかかり、(特に肥満のネコでは)肝リピドーシスを起こしやすい。これが起きるとかなり厄介。
なので、嘔吐が治まったらとにかく食べさせるという治療にシフトしているのだそうで、食欲が戻らないニッキさんは、膵炎脱しても
次の危険域に入っちゃったわけ。
そんなこんなで保護部屋に戻ったものの、安静にさせたいがケージレストでは啼いてしまって逆に興奮。状態観察しづらいこと
この上ないがストレスも与えたくなく…苦渋のケージフリー。空いたケージにうっしーが入り込む始末でwww
だが、仲間と一緒になり刺激をもらい、翌朝からシーバを少しずつ口にするようになった。そして帰宅して3日目の朝にはいつも通りに
ラティスから顔を出して待つようになった。
便が緩いので整腸剤と抗生剤と制吐剤を1日2回。散剤と錠剤。量も多いが確実に飲ませたい…思案の末、錠剤もつぶしてカプセル詰。
3Wの投薬で便性もようやく落ち着き、嘔吐もなく経過。そして先日無事完治に至った。

しかし…今回の療養でニッキさんには、オレのごちそうドライ=シーバと刷り込まれたようで…ダンナは某ホムセンでシーバトランク
なるものを購入したyo とんだおまけがついたもんだわ。

いやはや【膵炎】初めての体験。でも案外身近な病気。吐きやすい子って実は慢性的に炎症があるのかも。まさおもうっしーも
吐きがちな子なので、機会があったらチェックしてみようか…なんて最近ちょっと思っている。



ちなみに、「ねぇ…白いチンチラミックスの子いたよね?生きてる?」って猫友さんに最近聞かれたことがある…
      
左側のこの子↑ コードネーム「ふわり♀」隣は「ウォル♂」ふわりをめっちゃ可愛がってる

安心して。持ち上げるのが大変なくらい全然「ふわり」ぢゃないから。ただね…下僕が不精なもので…ビジュアル的に難ありww
…なので遠目な感じで、よろしく。「ぼろり」に改名したら…というアドバイス、結構真剣に考えている(笑)

『猫』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修終わって夏が来た! | TOP | 大村教授に感謝@イベルメクチン »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みゃー大工)
2017-07-02 20:06:52
ニッキさん、良く助かったねー、私のお気に入りの猫さんです。
セレニアの注射薬羨ましい、
吐くからセレニアを投与、
そのセレニアを吐くという、
悪循環を繰り返したことがありました( ノД`)シクシク…

良く三週間も猫に経口投与がでけた、
エライぞ、しろりんさん、
そして食欲増進は、結局、シーバ、シーバ最強!
(うっしーだってほすぃに決まっている)
獣医さん、しろりんさんの愛と、シーバでよみがえってメデタシです。

ふわりさんが太ましくなられて、
マダム風になられてでよかったです。
みゃー大工さま (しろりん)
2017-07-02 21:55:41
お忙しいのにコメすまぬ。

おかげさまで今日もニッキさんは「シーバも載せておくれー」と、私の顔を見上げて啼いてます。
しかし…尋常でない吐きっぷり@膵炎でした。一晩でどれだけの水分と電解質が
失われたのか…考えるだけで恐ろしいほど。
それをとりあえず止めてくれた「セレニア」に感謝です。ぶちも輸液後に嘔吐することが多く
せっかく入れたのにすぐ出す…という悪循環を断つためにびよいんではセレニア注射、
自宅では2~3日おきに内服薬を使っています…が、おっしゃる通り…吐くのよ…かなりの確率で。しかも投薬直後に(号泣)
観察するところ、どうやらOD錠に近い口腔内崩壊度があるようで、下僕が投薬をシクると
嚥下までの口腔内停滞時間長くなり、かなり苦いらしい薬剤が口腔内に広がり
その刺激で制吐剤で嘔吐という泣きたくなる惨状が繰り広げられるようです。
なので、1/2Tをさらに半分に割って5号カプセルに入れこんで投薬、そうすると吐かずに投薬
できるので、ニッキさんにも応用したというわけ。
カプセルはもじゃに生薬の便秘薬を内服させてた時の残りでね、かつての経験が
今回ニッキを助けてくれたのだと思います。
蛇足ですが、セレニア…注射も結構痛がりますよねーよく効くんだけどねぇ。

ふとましい「ふわり」 毛玉の生産高はかなりのものですw…が、耳が聞こえないことが
影響してるのか性格なのか、とにかく抱き上げたり、保定されるとパニック起こすので
生産に収穫?が追い付かない。ウォルが頑張っているけどねぇ。そんなわけで遠目で失礼(笑)

Unknown (Chel)
2017-07-06 00:57:21
ニッキさん、良かった~!
明らかに体調が悪いのが分かるのに、原因が分からないのはモヤモヤ…困りますね。
さすが、しろりんさんです~。
でもニッキさん、シーバに目覚めたんですね(笑)
元気ならいっか♪ww

ふわりちゃん。ウォル君が可愛がっているんだな~と分かるくらい、安心してくっついてますね♪
ふわふわ毛、お手入れ大変そうです~。
我が家もフワフワ白い毛がすごくて…しかも静電気を帯びているのでやっかいです(泣)
Chelさま (しろりん)
2017-07-07 20:50:27
お久しぶりです~コメありがとうござますっ

いやぁ決め手の症状がないというのは結構もやもやします。
不顕性の膵炎の子もかなり多いらしいので油断できないですね。いい経験をしました。
ニッキさんはすっかり元気になり、相変わらずシーバを所望しております(笑)
…といっても3匹で1袋のシーバをニッキさん多めで分けているので
実際は大した量を食べていませんが、シーバをもらった!という事実が大切なので(笑)
まぁもうしばらく続けてあげようと思っています。

ウォルはねーホントにふわりを大事にしてて、ゴハンも譲っちゃうの。で、ふとましいふわりが
出来上がったってわけ(笑)
もうね、保護した時から一度もピカピカ完璧になったことがない子なので
オペの時びよいんでケアしてくれたんだけど、毛玉取り切れなくてねーそのまま我が家で
保護することになったけど毛玉取るとか論外で…。一度なんとかリセットしたい今日この頃です。

post a comment

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。