三十路ボンバイエ

日本帰国後の生活日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりの投稿

2012-02-25 01:49:17 | 日々の生活

1年半ぶりの投稿。

ということで新しいブログを始めました。

第3段 ブログ

 

『登頂アタック』

http://bucchid.blog.fc2.com/

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ韓国へ行こう!

2010-08-15 22:36:03 | 旅行
先日、韓国へ行ってきた。
朝起きてよし、韓国へ行こう。そんなことをふと思った。

そこでとりあえず韓国に行く方法をネットで調べた。
1、飛行機
2、フェリー(福岡−釜山)
3、フェリー(下関−釜山)
4、高速船(福岡−釜山)
最近は便利な世の中で空席状況などもすぐにわかる。
そこで1,2,3はぎりぎりすぎて厳しかった。
そのため高速船で行くことにした。

とりあえず、福岡まで荷物をまとめ高速バスで向かった。
高速バスに乗る前に旅人バイブル『地球の歩き方 韓国』を購入した。

こんなギリギリの行動をするときiphoneがとても役にたつ。
バスの中で韓国についていろいろ調べた。

そして博多港へ。
知らなかったのだが、誕生日の搭乗は割引になるのです。
そう、その日は誕生日だったのです。
通常往復運賃が26000円なのですが、誕生日だったので15000円でした。



しかも高速船『BEETLE』の中で誕生日の人にはボトルワインハンカチがプレゼントされるのです。
ラッキー!!

そして釜山へ。
釜山についてすぐに宿を決め、街にくりだした。
街を見渡す釜山タワーが気になったので
夜になるや、釜山タワーにのぼった。



もちろん、展望室はカップルだらけ。

誕生日の俺にこの光景を見せつけやがって
コンニャロー!!って感じでした。

でも、気持ちをしずめ釜山の夜景に酔いしれた。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

広島グルメ

2010-08-12 23:49:00 | 広島
今日はスリランカ同期隊員が広島に来たので、そのときの食べたもの紹介。

まずは宮島名物『あなご飯』



宮島のフェリー乗り場にある有名なお店『うえの』です。



実はあなご自体そんなに好きではなかったので
今回初めて食べたのですが、すごいおいしかった。
おすすめです。

そのまま、宮島に船でわたって『牡蠣』を食べた。



時期ではないので食べれないかと思いきや、すごく大きな牡蠣を食べれた。
絶品でした。
自分は車の運転手だったので、ビールが飲めなかったけど
次はビールと一緒に食べたい。
ちなみに宮島には牡蠣バーのようなものがあります。

その次は広島名菓『もみじ饅頭』



これは、普通のもみじ饅頭と違って冷たいもみじ饅頭なのです。
味もいろいろあって自分はブルーベリーを食べた。
もみじ饅頭進化してます。

次は翌日に食べた『つけ麺』
意外ですが、広島はつけ麺が有名なのです。
お好み焼きがたくさん目につきますが、それと同じくらいつけ麺屋もあるのです。



最終日は、定番『お好み焼き』を食べて同期のみんなは帰って行った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スリランカ千羽鶴

2010-08-11 23:58:24 | 広島
しばらくブログさぼってたけど、また再開。


8月3日、スリランカで折った千羽鶴を広島平和記念公園に献納してきた。

前日からスリランカ同期隊員が広島に集まった。

スリランカ9カ所で原爆展というものを1年にわたって開催してきた。
その際に集まったスリランカ人に鶴を折ってもらっていた。


最終的には1200羽近くの鶴が集まった。

本来なら8月6日の原爆記念日に献納したかったのだが、
VIPが参列するため一般人の入場規制があることがわかり急遽8月3日に変更した。

当日は、スリランカ隊員に加えニカラグア隊員も時間を合わせJICA中国の職員と
ともに献納してきた。

なんだか広島人としての役割が少し果たせたような気がする。
広島では小学生のときから平和教育というものがある。
きっと他県よりも平和に対しての意識が高い。
自分に原爆というキーワードで何か出来るとは思ってなかったけど
何かの縁でスリランカという地でこういった機会があったのは
本当によかったと思う。

少し話しがずれてしまうが、先日バスの中で時間潰しのために中身も見ずに本を買った。
内容がたまたま第二次世界大戦の話だった。
『永遠のゼロ』百田尚樹



すごく感動的な話だった。是非読んでみて下さい。

明日もブログ更新します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そこに山があるから (Because it is there)

2010-07-27 22:53:22 | 旅行
そこに山があるから。

帰国第2段登山。富士山を攻めてきた。

富士山は大学生のときに登ったことがあった。
あれから10年近くたつ。

今回は駒ケ根訓練所のときのメンバー6人で行った。

今回の富士山登山の目的は御来光

夜、21時富士宮口に集合して登り始めた。
御来光は翌朝4時50分つまり8時間近くある。

前回のときは3時間近くで登頂した。
時間に余裕がありすぎるのでは、と思いながら登った。
しかし、すぐに余裕がないことに気付いた。
登山道は、人で埋め尽くされているのだ。
登ってきた道を見ると『富士蛍』がきれいに見える。
(登山者がつけたライトが蛍のようだからこう言うらしい。)
(というか自分がつけた。)

空を見上げると、満天の星。
そして、夜空をかけぬける流れ星。
夜登山の魅力がそこにはあった。

翌朝2時くらいになると、山小屋の中で寝ていた登山者が出てきて登山道は
さらに登山者で埋め尽くされ大名行列のようになっていた。

結局頂上に着いたのは、御来光15分前だった。
自分たちの後ろにはすごい列が出来ていた、多くの人は御来光に間に合わなかったことだと思います。
頂上はあふれんばかりの人だった。



当日は最高の天気で日が登るにつれて、きれいな雲海が見え始めた。




どんなに、苦しくても頂上の風景を見るたびに、次の山に行きたくなる。



そこに山があるから。

今回の登山でびっくりしたのは、体が全く痛くならなかったこと。
前回は大学生で体力があるにも関わらず、3日間くらい足腰が痛かった。
体が山にも慣れてきたのかもしれない。

次はどこの山を攻めよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加