会津若松 あんこの日記

ゆっくり♪まったり♪の~ぉんびり☆

リラ・ダーラナ

2013-12-14 22:42:00 | つぶやき

「ゲストハウス ダーラナ」

ずーっと行ってみたいと思っていた。

お料理はスェーデン仕込。

テレビの無い宿。

。。。うーん、こうやって書くと何に惹かれていたのか

具体的なものではないのかも知れません。。。

うん。なんか呼ばれている感じ!?

その引きが強かったのか

気がついたら

宿泊の予約をしてた

って言うくらい

“流れ”で行くことになった。

行ったのは、11月の終わり。

今日の大雪から一月もたたない前の風景です。

南会津。

宿に着くと

いわゆる“フロント”は無くて。。。

勝手に入ってもわからないくらい。

どうしていいかわからなかった。

どうやら厨房の方に人がいるらしい。。。

その部屋、入っていいのぉ?

っていう感じの部屋の扉を開ける。

よかったみたい。

実はそこがダイニング。

厨房ではオーナさんと女の人が「仕込み」をしている。

今日の夕飯?

(だけじゃないことが、後でわかるんだけどね。)

とても忙しそう。

落ち着くまで、コーヒーとお菓子を頂く。

とーーーーってもリラックスできる空間だった。

私が求めていたもの。

一段落ついたのか お姉さんが中を案内してくれた。

そして、

「後で自由に見ていいですよ」と。

あんこさんと夫の泊まる部屋

二段ベッドが楽しそうだったので。。。

(結局は上に上がるのが大変だったので、下のベッドに寝ました。

夫は隣のエキストラ?ベッド)

お宿が用意していてくれた部屋は実はこちら

 

こちらの部屋はネットでよく紹介されていたので

紹介されていない方を敢えて選んだあんこさん。

「早い者勝ちですから」

とはお姉さんの言葉。

後から来たもう一組のゲストがこちらの可愛いお部屋に入ることになりました。

こんな和室もあったりします。

さて、テレビも無い、何も無い。。。。

お風呂はありますが、温泉ではありません。

ということで

温泉に。。。

お姉さんお勧めの

赤岩荘。

地元の人たちの公衆浴場。

お姉さんの言葉を聞いていてよかった。

「奥に露天風呂があって、そこがお勧めです」

そう、この言葉が無かったら

手前の内湯に入って終わっていたかもしれない。

露天風呂、よかったです。

地元のおばあちゃん達の会話も面白い。

「今年は、カブもやってみた。」

「後もう少し人参が残ってる」

とかね。。。美味しそうな根野菜たちの収穫。

生きているなぁって感じる。

この温泉、お湯が赤いのです。

鉄分が多いのでしょう。

タオルは茶色くなります^^;。

お風呂から上がれば、大広間?があり、テレビを見ながらくつろぐ。

関東だと、人がいっぱいなのでしょうが

ポツン、ポツン

という感じの人で。。。

(夫はこの温泉が大変気に入ったらしく

ダーラナが目的でなく温泉目的でまたダーラナに行きたいといっております)

ダーラナから赤岩荘に行く途中にある大銀杏

いい時期に行きました。

ほんと、大きい!

夜になるとライトアップ

このライトアップの仕方も「田舎」らしくて面白いの。

説明が難しいのですが

派手にしたいけど、力尽きちゃうみたいな^^;

そーんな「気持ち」に ほっとします。

さて、宿に帰って、おなかも空いた。

てきとーな時間にダイニングに行く。

こんな感じのディスプレイ。

テーブルに並んでいるナイフ、フォークも面白い形。

これなら、ナイフフォークレストも要らない?

決して使いにくくありませんでした。

まずはパンが運ばれてきました。

自家製パン。

これがねー。。。ふんわりむっちりで

いくらでも食べちゃいたくなる

なんて優しいパンなんだろう。

形成の仕方も普通のパンと違うかも?

型抜き?

前菜

アスパラソバージュ

アボカドと魚貝のタルタル。。。だったと思う。

きゅうりを薄くスライスしたもので巻いてあって

面白い。

そして

美味しい!

魚貝のグラタン。

サーモンと牡蠣。

どうやらこのお皿ごと焼いているらしく

お皿が熱いっ。

これも、力の入っていない、でも、美味しい一皿でした。

トマトのスープ。

真ん中の白いものはチーズ。

これなんか

なーんてこと無いスープなんだけど

私の体が喜んでいました。

 

メインは牛肉の赤ワイン煮。。。。だったと。

極当たり前のお料理だったのですが

付け合せの温野菜といい

言うこと無し、なっしー。。。ふなっしー♪

(失礼^^;)

あ、もちろんワインと共にこれらのお食事は楽しみました。

赤、白。。。ぐらいしか選択の余地はありませんでした。

赤をチョイス。

美味しいワインでした。

値段がいくらなのかわからないまま頼んでいたので

いろいろ値踏みしたのですが。。。。*^v^*/

デザートは洋梨のコンポートとミルクのアイス

ガトーショコラ☆

このガトーショコラ。。。。おいしかったぁ。

結構ボリュームもあってね♪

デザートに関心の無い夫までこのガトーショコラが気に入ったようでした。

そうしていると オーナーさんがテーブルにやってきてくれて

スェーデンの食後酒をサービスしてくれました。

グラスがかわいい!

オーナーさん。

本当はおしゃべり好きなはず。

でも、今日はとっても忙しそうです。

テーブルから厨房を撮っちゃいました。

雰囲気のある空間でしょ?

食後は、囲炉裏端で日本酒。

これがまた、美味しいお酒で。

かなり辛いのですが

すっきりしてる。

本当にすかっとすっきり。

ネットでここを訪れた人のブログなどをみると

ここでオーナーとのトークがあるそうなのですが

この日は本当に忙しかったらしく

それはありませんでした。。。

ベッドで読みたいと思っていた「風立ちぬ」を読む。。。

階下があわただしい音を立てている。。。

眠る

☆☆☆

翌朝。

階下から聞こえる

咳ともくしゃみともつかない音で目が覚める。

。。。朝食へ。

サラダ です。

白菜と魚貝を生クリームがちょっと入ったドレッシングで和えたもの。。。

シンプルで美味しい。

オムレツ 仔牛のシチュー添え。

なーんか素人っぽいオムレツだなぁ。。。。

なんて思ってしまった。

そして、そう。。。

昨日いたオーナーやお姉さんがいない。

全く知らないおじさん(おにーさん?)がオムレツを作って出してくる。

もう一組のお客さんのところで、そのおじさんがコーヒーを出しながらお話している。

どうやらオーナーの甥に当たる人らしい。

「おじは今日、東京のスェーデン大使館関係の人の結婚式のケータリングで。

昨日の夜中、たくさんの荷物を積んで東京に行きました。

100人くらいのお客さんだそうで。。。。」

みたいな内容。

そして、そのおじさんは那須でイタリアンのレストランをしているそう。。。

なんでも、朝、那須から来たそうだ。

。。。そう、

ここのオーナー、その界隈では超ゆーめーな人らしい。

とてもおじーちゃんなんだけど

とっても元気だった。

また、絶対に行きます。

のんびりだらだら ダーラナへ^^;

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« La Shun en novembre 2013 | トップ | 東京 丸の内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事