現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

黒川博行「徒花」左手首所収

2016-10-18 08:04:24 | 参考文献
 風俗店のやとわれ店長が、架空の儲け話にのって、ついに強盗までしてしまう話です。
 ここでも、犯罪や風俗に対する黒川の豊富な知識が発揮されていて、一定のリアリティはあります。
 しかし、犯罪の書き方がかなり雑で、終わり方もあっけないです。
 もしかすると、考えもなしにあっさりと一線を踏み外してしまう人たちの姿を描きたいのかもしれませんが、書き方の方は丁寧に書いてほしいです。
 しかし、こういった社会に適合できずに底辺でもがいている若者の姿は、児童文学でももっと描かれてもいいと思います。

左手首 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落合恵子「子どもと大人、同... | トップ | マスクマン、最後の日 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。