現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

小野正嗣「ウミガメの夜」九年前の祈り所収

2017-02-24 10:04:50 | 参考文献
 現実と非現実、若者と老人、都会と過疎地、生と死(あるいは病気)といった対比が、この短編でも繰り返し描かれています。
 時間の経過や視点や場所がゆらぐので、一般読者には読みにくいでしょう。
 「子どもと文学」で提唱された「おもしろく、はっきりわかりやすく」といった児童文学的書き方とは対極にある作品なので、読者はかなり限定されます。
 こういった作品でも発表できる場のある一般文学の世界は、商業主義一色の児童文学の世界よりは、まだ健全なのでしょう。
 ただ、AO入試(作者いわく「アホでもOK」入試)で入学して授業にもろくに出ない主人公たち三人の大学生にたいする視線が冷たいのは、作者が超エリートの学歴を持っている大学の准教授ためか、やや気になりました。

九年前の祈り
クリエーター情報なし
講談社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米澤穂信「柘榴」満願所収 | トップ | マジックスキャン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。