現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

倉本 采「七月のお話 かみなりさまときのこのスープ」パックル森のゆかいな仲間所収

2017-04-19 10:05:57 | 作品論
 今回も、ポーとコロンタを中心に、妖精たちの友情のお話です。
 特に、お星さまにみんなのためにやさしい願い事をするポーと、ちょっとひねくれ者のゾンキーがよく描かれています。
 今回のおいしそうな食べ物は金色のきのこのスープで、不思議なものは空から落ちてきたかみなりさまのおじいさんです。

パックル森のゆかいな仲間 ポーとコロンタ (子どものしあわせ童話セレクション3)
クリエーター情報なし
本の泉社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)のつぶやき | トップ | 櫻井ひろこ「母のいない日」あ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。