現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

進撃の巨人

2016-12-31 17:23:08 | 映画
 人気テレビアニメの劇場版です。
 テレビアニメの第1回から第13回までが前篇で、第14回から、第25回までが後篇です。
 前後編合わせて約4時間(240分)で、テレビの物語部分を一回当たりを約20分とすると合計で約500分なので、ほぼ半分に圧縮されています。
 戦闘シーンが優先されているので、他の部分がかなりカットされていて、テレビで見てない人には人間関係やストーリーが分かりにくいかもしれません。
 ただ、一気に見れるので、逆に伏線などが分かりやすくなった面もあります。
 流血や残酷なシーンがたくさんあって、よくテレビや映画の審査に通ったなと思うような面もありますが、戦闘シーンには圧倒的な迫力があって子どもや若い人たち(特に男性でしょう)に人気があるのがよくわかります。
 基本的には、巨人たちと戦う軍隊の話なので、今の児童文学の世界では総スカンをくうでしょうが、戦闘シーンだけでなく、主役の男の子たちの友情や女の子(実は、女の子たちの方が戦闘能力は高いのですが)との恋心たちなども巧みに織り込んでいて、こういったエンターテインメント作品が児童文学にあれば、もっと男の子たちを読者に取り込めるでしょう。
 特に、兵器(立体機動装置など)や城塞国家などのマニアックな情報は、男の子たちにとっては大好物なのですが、圧倒的に女性が多い児童文学関係者(作家、編集者、読書運動家、研究者など)には理解が得られにくく、こういった情報を詳細に書き込むと評価されないことが多いです。



劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~初回限定版 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「物語中物語」と「メタ物語... | トップ | 12月31日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。