現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

藤沢周平「麦屋町昼下がり」麦屋町昼下がり所収

2017-06-23 12:25:33 | 参考文献
 不条理な事情で、藩随一の剣士と果し合いになる主人公を描きます。
 下士ながら真面目な好青年で剣の腕も対戦相手に次ぐと目されている主人公、身分違いの上士の娘である美しい縁談相手、奇行の持ち主ながら天才的な剣士の対戦相手、不義をしていて殺される色気過剰の対戦相手の妻、主人公に秘剣を授ける酒で身を持ち崩したかつての天才剣士。
 極端までにデフォルメされた登場人物はエンターテインメントの王道ですし、作者は練達の筆さばきでこれらのキャラクターを駆使して読者を楽しませてくれます。
 しかし、こういった作品を本当の意味で楽しめるのは、2017年現在では60代後半以上の男性に限られるでしょう。
 10年後、20年後はどうでしょうか?
 時代小説はエンターテインメント作品の中では比較的寿命が長いと思われますが、これからは読者を確保するのは難しいでしょう。

麦屋町昼下がり (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月22日(木)のつぶやき | トップ | 藤沢周平「三の丸広場下城ど... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。