現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

星新一「福の神」妖精配給会社所収

2016-11-02 18:31:50 | 参考文献
 1964年に出版されたショートショート集です。
 作者は、1980年代ぐらいまでは非常に人気があったショートショートの名手でした。
 今では前ほど読まれていないと思われますし、ショートショートというジャンル自体、現在ははあまり人気がありません。
 この作品では、福の神に取りつかれたために、大金持ちになるのと引き換えに、休日も働き続けなければならない男の悲喜劇を描いているのですが、今の若い世代の読者にはピンと来ないかもしれません。
 それは、この五十年の間に、人々の労働観や労働環境が大きく変化したことも影響していると思われます。
 あくせく働いて金持ちになるよりは、ささやかであっても日々の生活を楽しみたい人たちの方が主流になっていますし、たとえ死ぬほど働いても報いられることのないブラック企業の存在は今ほど注目されていませんでした。
 ただ、このショートショートという様式や、星新一のお話の作り方のうまさは、児童文学をこれから書こうという人たちにとっては大いに参考になると思います。

妖精配給会社 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユートピア小説としての児童文学 | トップ | 11月2日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。