現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

新井けいこ「生き物がかり」あける28号所収

2017-05-16 11:21:55 | 同人誌
 主人公の五年生の女の子は、密かにあこがれていた女の子と一緒に、生き物がかりをやることになります。
 生き物好きの彼女とインコの世話をするうちに、主人公は一年生の時にインコを死なせてしまったトラウマを次第に克服できるようになります。
 二人の関係の深まりを、体育係を中心にクラスでやっている大なわ大会の練習とからめて描いていきます。
 繊細な主人公、風変わりな魅力を持つ生き物係の女の子だけでなく、体育係の元気のいい女の子と男の子も含めて、登場人物が魅力的に書かれているので、長編か連作短編で、このクラスの子どもたちのハーモニーを、もっと大きな物語にまとめてもらいたいと思います。

電車でノリノリ (文研ブックランド)
クリエーター情報なし
文研出版
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月10日(水)のつぶやき | トップ | 5月16日(火)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。