現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

神沢利子「桃の核」いないいないばあや所収

2016-10-12 15:55:46 | 作品論
 病気の姉のいる家には、死の影が漂っています。
 心臓の悪い姉の回復を願って、主人公の幼女は、まるで心臓のように思えた桃の核(たね)を庭に埋めます。
 短編集の終わりには姉はどうなっているのか、主人公だけでなく読者たちも祈りたくなります。

いないいないばあや (岩波少年少女の本)
クリエーター情報なし
岩波書店


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハドソン川の奇跡 | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。