現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

色川武大「妻の嫁入り」離婚所収

2017-03-21 09:55:33 | 参考文献
 「離婚」(その記事を参照してください)と「四人」(その記事を参照してください)の後日談です。
 今度は、元妻は主人公からの自立を模索します。
 まず、彼女は、仕事を始めようと、ブティックに勤めはじめます。
 主人公から見ても、彼女が仕事をするとしたら、ブティックぐらいしかむいている場所はないのですが、これも長続きしません。
 次に、年下の男を好きになって、彼と結婚しようと主人公のもとを離れて同棲を始めます。
 相手の男は主人公の知人で堅気のサラリーマンなので、主人公も応援しています(これで厄介払いができるという気持ちもあります)。
 しかし、これもすぐに破たんして、元妻は主人公の元へ舞い戻ります。
「出戻りという場合は、実家へ帰るというのがきまり相場なのに、此奴は元亭主のところへ帰ってくるんだなァ。」とぼやきつつも、主人公はまんざら悪い気分ではありません。
 こうして、二人の奇妙な関係は、また復活しました。
 こうしたつかず離れずの男女関係は、普通の婚姻関係をしているのが大半だった当時の男性たちにとっては、ある意味羨ましいものでした。
 非婚化が進んだ現代では、このような関係の男女は増えているかもしれません。

離婚 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月16日(木)のつぶやき | トップ | 色川武大「少女たち」離婚所収 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。