現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ア・ボーイ・ミーツ・ア・ガール

2016-11-08 08:25:07 | キンドル本
 転校してきた主人公は、なかなか学校になじめません。
 でも、少年野球チームで知り合った男の子と友だちになります。
 そんなある日、学校で理想の女の子と出会います。
 主人公は、なんとかしてその女の子と友だちになりたいと思います。
 一方、学校の裏山にある秘密基地では、クラスの男の子たちが秘密の冒険をしています。
 主人公はその仲間に加わる一方で、あの女の子とも付き合いたいと思っています。
 念願がかなって、主人公は女の子と初めてのデートをします。
 学校をさぼって、二人でディズニーランドへ行ったのです。
 でも、さぼりがばれて、周囲から迫害されます。
 クラスのみんなとは仲直りして、彼らのおかげで、二人は結婚式をあげます。
 そして、先生たちとの最後の戦いが始まります。

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。

ア・ボーイ・ミーツ・ア・ガール
クリエーター情報なし
平野 厚
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早大童話会「少年文学の旗の... | トップ | 児童文学における食べ物の取扱い »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キンドル本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。