現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ブリッジ・オブ・スパイ

2017-07-15 17:27:07 | 映画
 2015年のアメリカ映画です。
 1957年の米ソ冷戦下において、アメリカで逮捕されたソ連のスパイの弁護を担当した実在の弁護士の人道的な活躍(アメリカ人からは裏切り者扱いをされ、家に銃弾も打ち込まれました)を描きます。
 ソ連で捕虜になった偵察機のパイロットと、彼が弁護して死刑を免れたソ連のスパイとの交換の交渉も、主人公の弁護士が担当することになります(映画なのでそのへんのいきさつは省かれているので、なぜ民間人の彼がやらなくてはならないのかは、史実に疎い私には分かりにくかったです)。
 お話のミソとしては、単なるアメリカとソ連の捕虜の交換としてではなく、そのころに東独で拘禁されていたアメリカ人学生の解放も絡めたことによって、よりヒューマニティが強調されています。
 監督のスピルバーグの抑えた演出によって、アメリカ、ソ連、東独のどの国に対しても、極端に美化したり非人道的にしたりすることなく、それゆえ国家によって個人がいかに脅かされているかという、より普遍的なテーマが描き出されています。
 こうした映画の主役の常連であるトム・ハンクスの演技力は言うまでもありませんが、この作品でアカデミー賞助演男優賞を獲得したソ連のスパイ役のマーク・ライランスの渋い演技が光っています。

ブリッジ・オブ・スパイ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ばんひろこ「いちねんせいに... | トップ | 7月15日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。