現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

恐怖のガッちゃん

2017-01-04 12:58:16 | キンドル本
 小学生の主人公には、幼稚園児の弟がいます。
 弟は、問題児でいたずらばっかりしています。
 夏休みに、主人公はそんな弟を連れて、二人だけで東京のおばあちゃんの家へ行かなければならなくなりました。
 新幹線の中で、そして駅で、主人公は懸命に弟を引き連れます。
 しかし、とうとう弟が行方不明になってしまいます。
 主人公は、しかたなくおばあちゃんとの待ち合わせ場所へ向かいます。
 最後に、主人公を待っていたのは?
 
 定価99円(スマホやタブレット端末やパソコンでも読めます)。

恐怖のガッちゃん
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童文学における視点について | トップ | 児童文学の同人誌における自... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。