現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

桜木紫乃「シャッターチャンス」ホテルローヤル所収

2016-10-15 08:23:00 | 参考文献
 直木賞を取った短編集の巻頭作品です。
 けがで挫折した元花形アイスホッケー選手の男が、元はラブホテルだった廃墟で恋人のヌード写真を撮影して、嘘か真か、雑誌に投稿してプロのカメラマンを目指したいと言います。
 官能的な描写やすれ違う男女の思いなどを、非常に技巧的な文章でつづっています。
 設定やエピソードには新鮮味を感じませんでしたが、描写や文章のうまさには感心しました。
 児童文学でも80年代ぐらいから小説を志向した作品(例えば江國香織など)がたくさん書かれ、一般文学への越境と言われましたが、どうせ越境するならばこのくらいの文章力や描写力は欲しいものです。

ホテルローヤル
クリエーター情報なし
集英社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月14日(金)のつぶやき | トップ | 黒川博行「解体」左手首所収 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。