現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ジャンニ・ロダーリ「チポリーノの冒険」

2016-12-20 18:10:10 | 作品論
 1951年に書かれたイタリアの児童文学の代表作です。
 タマネギの子どものチポリーノが、レモン大公によって理不尽に囚われた父親を救出するために、いろいろな野菜や果物、それに動物の仲間と協力して大活躍し、最後には王政を打倒して共和国を樹立します。
 野菜や果物の名前がついた登場人物(緻密に描かれた挿絵がふんだんにあって、それぞれのキャラクターの具体的なイメージがつかめます)が多数登場するドタバタ喜劇ですが、その背景には当時のイタリアの国の歴史があり、結果的にその時代の権力者たちを風刺しています。
 革命を深刻に描かずに(なぜかクモの郵便配達人だけは悲惨な死に方をしますが)、ユーモアたっぷりに描いた点が世界中の子どもたちに受け入れられたのでしょう。
 今回読んだ本は、1957年の原作の改訂版をもとにして2010年に出た新訳なので、現在の子どもたちにも読みやすく工夫されています。

チポリーノの冒険 (岩波少年文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童文学のグレードと主人公... | トップ | 12月20日(火)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事