現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

児童文学の同人誌における自己目的化

2017-01-04 18:35:17 | 考察
 児童文学の同人誌に発表される作品に時々感じることに自己目的化があります。
 本来児童文学作品は、出版して(紙の本だけでなく電子書籍でもOKです)子どもの読者に読んでもらおうと思って書かれるはずです。 
 ところが、書かれた作品世界が、現在なのか、作者が子どものころなのかがあいまいな作品も、中にはあります。
 こうした作品を同人誌に発表する意義について少し考えてみました。
 まず、作者は、はたして主人公と同年代の現在の子どもに向けて書いているのでしょうか?
 実際には、このようなあいまいな作品を読みたい子どもは、非常に限定されていると思われます。
 出版社もそのことはよく承知しているので、こうした作品をいくら書いても本になることはないでしょう。
 三十年ぐらい前で、作品のできが良ければ可能性はあったと思います。
 でも、今ではもっと同時代性を高めるか、エンターテインメントの要素を盛り込むかしないと、出版は難しいでしょう。
 次に、作者は児童文学ではなく、子どもを主人公にした小説を書きたかったのではないかという疑問があります。
 もし小説を書きたかったのでしたら、大人の読者が耐えうる人物造形なりテーマなりがないと、やはり出版は難しいでしょう。
 最後に、作者が同人誌に掲載されることを目標にしていないかという心配があります。
 同人誌という閉じた世界で、同人に向けて書くことだけを自己目的化するのは、作家としての視野を狭める危険性があります。
 どちらにしても、こうした作品は中途半端で市場性はありませんので、書き手自身が自分ががどの方向に進むかを決めることが大事だと思います。

中学軟式野球―強豪校&カリスマ指導者の(秘)練習法、教えます! (B・B MOOK 495 スポーツシリーズ NO. 369 強くなるド)
クリエーター情報なし
ベースボール・マガジン社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐怖のガッちゃん | トップ | 1月4日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

考察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。