現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ハドソン川の奇跡

2016-10-12 10:02:00 | 映画
 2009年に起こった、実際の飛行機事故を題材にした映画です。
 鳥の群れと衝突してエンジンをふたつともに破壊されたものの、機長の冷静な操縦でハドソン川へ不時着水して、奇跡的に乗客全員が生還します。
 お話としては、機長の判断が間違いで、離陸した空港や近隣の他の飛行場へ戻れたのではないかとの疑いをかけられて、機長が追い詰められていくところが中心です。
 最後には、疑いが晴れてハッピーエンドになるのですが、それは史実として知っていたのであまり重要ではありません。
 主演のトム・ハンクス(実際の機長に似せたふけメイクが素晴らしいです)を除いてはあまり有名な俳優は出ていないのですが、全員が重厚な演技で、それを監督のクリント・イーストウッドが円熟の演出でいかしています。
 飛行機の不時着水や乗客の救出シーンは、CGや実写で見事に再現されていました。
 難を言えば、作品の上映時間が短く、ややあっけない印象を受けた点です。
 最近の日本の映画と違って、一人のイケメンも美人女優が出なくても、観客を満足させる映画が作れることを証明しています。

ハドソン川の奇跡
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛い! | トップ | 神沢利子「桃の核」いないい... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。