現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

津村記久子「浮遊霊ブラジル」浮遊霊ブラジル所収

2017-01-30 18:11:18 | 作品
 現世に未練を残したために成仏できず、先に亡くなった愛する妻のもとへ行けないおじいさんの幽霊の話です。
 未練というのは、老人会の仲間と行くはずだった初めての外国旅行の行き先、アイルランドのアラン諸島です。
 おじいさんは、耳から人に憑りつく能力を身につけ、いろいろな人たちを巡りながら、ブラジル経由で目的地にたどり着き無事に成仏できます。
 浮遊霊が旅行するというアイデアは面白いのですが、作者の資質がエンターテインメント向きでないのか、さっぱり盛り上がりません。
 会社を辞めて作家専業になってから、作者はいろいろな分野にトライしているのですが、どうやらエンターテインメントは無理なようです。

浮遊霊ブラジル
クリエーター情報なし
文藝春秋
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津村記久子「個性」浮遊霊ブ... | トップ | 1月30日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。