現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

大巨獣ガッパ

2017-02-24 11:49:35 | 映画
 1967年封切りの特撮怪獣映画です。
 当時の東宝や大映の怪獣映画ブームに便乗して、日活が製作した唯一の怪獣映画です。
 かなりあからさまに、東宝のゴジラやモスラの影響を受けた(露骨な言い方をすればパクった)設定やストーリー展開やアクションシーンが頻出します。
 東宝のゴジラやモスラをA級とすれば、大映の大魔神やガメラがB級、そしてこの映画はC級でしょう。
 しかし、C級にはC級の味わいがあって、安易な展開やハッピーエンド、安っぽい正義感、そして安直なメッセージ性など、映画の原型を見るようで興味深い物があります。
 お金のかかったCGやアニメを見慣れた今の子どもたちが観たら、手作り感満載の(悪く言えばチャチな)特撮シーンはかえって新鮮に感じるかもしれません。

大巨獣 ガッパ [DVD]
クリエーター情報なし
日活
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磯田道史「天災から日本史を... | トップ | J・M・バリー「ピーター・パ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。