現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

クリスマス プレゼント

2017-03-11 11:25:10 | キンドル本
 主人公の男の子は、おかあさんと二人で暮らしています。
 おかあさんは、主人公が通う学校とは別の小学校で、教師をしています。
 ある日、おかあさんがうつ病で入院してしまいました。
 担任している学級が問題のあるクラスで、そのストレスで容体が悪くなったのです。
 おかあさんが入院している間あずけられた母方の祖父母の家で、主人公は冷たい仕打ちを受けます。
 最後には、二人から、死んだと聞かされていたおとうさんが生きていて、両親は離婚していたのだと告げられます。
 そして、おかあさんが入院している間、別れたおとうさんの所へ行くように言われます。
 二人は、おかあさんがなかなか治りそうもないので、厄介払いがしたかったのです。
 主人公は、福岡から飛行機に乗って、東京のおとうさんのもとへやってきます。
 羽田空港では、おとうさんが待っていてくれました。
 遠く離れたおとうさんの家で主人公が体験したことは?

 (下のバナーをクリックすると、3月12日まで無料で、スマホやタブレット端末やパソコンやキンドルで読めます。Kindle Unlimitedでは、いつでも無料で読めます)。

クリスマス プレゼント
クリエーター情報なし
メーカー情報なし



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとりぼっちの動物園 | トップ | 3月11日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。