現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

オオカミウオ

2016-10-11 09:07:57 | キンドル本
 主人公は、北の海に住むオオカミウオです。
 誰とも友達にならずに、一人で暮らしていました。
 ある日、オオカミウオは網にかかってしまいます。
 そして、水族館に売られていきます。
 水槽で他のオオカミウオたちとケンカをした主人公は、別の水槽に隔離されてしまいます。
 水族館にはいろいろな人がやって来ます。
 主人公が、水槽のガラス越しに出会った人たちとは?
 最後に、主人公が夢見たものは?

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。

オオカミウオ
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細谷建治「「龍の子小太郎」... | トップ | 児童文学における現実世界と... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。