現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

小川洋子「さあ、いい子だ、おいで」不時着する流星たち所収

2017-05-06 10:46:20 | 参考文献
 子どもに恵まれなかった夫婦が、文鳥を飼う話です。
 初めのころは、文鳥は愛らしい姿と美しいさえずりで、二人きりの生活に潤いをもたらしてくれます。
 妻の方は、文鳥の姿にこれを売ってくれた「愛玩動物専門店」の青年店員を重ね合わせて、文鳥ではなくこの青年が自分の子どもだったらどうだろうと思いをはせたりもします。
 しかし、そのうちに、二人はだんだん文鳥を持て余して(早朝から一日中さえずる、爪が伸びる、大量に毛が抜けるなど)、とうとう鳥かごに覆いをして存在を消してしまいます。
 そのあたりから、妻は精神に変調をきたしていたようで、ラストでは公園に停めてあったベビーカーを奪って逃走します。
 なお、この作品は、ギネス記録の世界最長のホットドックに触発されて書かれたことになっていますが、実際はほとんど関係ありません。

不時着する流星たち
クリエーター情報なし
KADOKAWA
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米澤穂信「満願」満願所収 | トップ | 小川洋子「若草クラブ」不時... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。