現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

児童文学の主人公について

2016-10-14 12:31:04 | 考察
 児童文学の主人公は、いろいろな設定が可能です。
 例えば、王様だったり(寺村輝夫「ぼくは王さま」シリーズ)、クマだったり(神沢利子「クマの子ウーフ」シリーズ(その記事を参照してください)、トラだったり(小沢正「目をさませトラゴロウ」)します。
 しかし、実は彼らを使って「人間の子ども」を描いているケースが多いです。
 そんな時は、主人公の属性(王様、クマ、トラなど)と子どもの本質をどのように融合させて描くかが、作者の腕の見せ所です。

ぼくは王さま (新・名作の愛蔵版)
クリエーター情報なし
理論社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャッチボール | トップ | 10月14日(金)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。