現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

児童文学におけるプロダクトアウトとマーケットイン

2016-10-31 18:42:47 | 考察
 児童文学の世界は、たんに作者の創作行為だけでなりたっているのではなく、普通はその後に本にするための商品化の作業があります。
 これらは一種のビジネス活動とみることができますので、マーケティング的な分析が可能です。
 一般的に、商品化の過程は、大きく分けると、プロダクトアウト(新しいアイデアに基づいて製品を開発して、その後に商品としてまとめあげる)とマーケットイン(初めに市場調査をして顧客のニーズをまとめて商品のイメージを作り上げ、それに基づいて製品を開発する)の二つの方法があります。
 狭義の「現代児童文学」では、長らくプロダクトアウト(作者が自身の新しいアイデアに基づいて創作をして、その後に編集者を通して本という商品に仕上げる)で本を作るのが一般的でした。
 しかし、今ではそういったやり方で本を出せるのは、一部の有力作家やテーマ(障害者、戦争反対など)に限られ、マーケットイン(その時のはやりもの(例えば、魔女、妖怪、怪談、魔法、食べ物、職業もの、歴史ものなど)が編集者から提案されて、それに基づいて作家が創作する)での本の出版が特にエンターテインメント作品では主流になっています。
 それも、きちんとしたマーケットリサーチがされて時代を先取りしたような提案が編集者からなされるのならそれも一つの方法だと思うのですが、たいがいは自社や他社で売れているものの二番煎じのような提案が多いようです。
 あるエンターテインメントの作家が研究会で発言していましたが、「中学年(小学校三、四年生)の女の子向けで、魔女の女の子を主人公にしてほしい」といった提案(他の業界だったら商品の提案とも思われないようなレベルですが)がなされるそうです。
 ここにおいて、二十年ぐらい前までは、たんに「女の子向け」(男の子は本を読まないからというのがその理由です)という注文だけが一般的でしたが、最近はさらに「中学年向け」という条件が付加されています。
 その大きな理由は、高学年の女の子たちにスマホが普及し(男の子たちよりも普及率は高いです)、彼女たちも前より本を読まなくなったからです。
 前出のエンターテインメント作家も指摘していましたが、そのような提案でみんなが同じような作品を書いて、ただでさえ小さいパイ(年々縮小しています)を多人数で食い合っているそうです。
 そして、間違っても、男の子向けといったリスクのある注文は来ないそうです。
 どうやら、現在の児童文学業界には、小さくなったパイ自体を大きくしようと企画するマーケッターはいないようです。
 そして、前出の作家は売れっ子なので、そうした注文には応じないと言っていましたが、別の作家の「中学年の女の子向けで、魔女や妖怪ものを書けば、少なくとも編集者は上へあげてくれる」といった意見の方が多くの書き手の本音に近いようです。


コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
クリエーター情報なし
朝日新聞出版





『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童文学で子どもたちの貧困... | トップ | 10月31日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。