現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

トールちゃん

2016-10-13 10:51:19 | キンドル本
 トールちゃんは、主人公が入っている少年野球チームの人気者です。
 六年生なのですが、チームで一番天真爛漫で子どもっぽい子です。
 でも、小さい子たちの面倒もよく見ています。
 監督に言わせると、昔のガキ大将のようだとのことです。
 トールちゃんは、いつもハッスルプレーをしますが、すごくおっちょこちょいで凡ミスもたくさんします。
 そのため、六年生の今も、外野を守らせられています。
 それに、監督にもため口でしゃべるのでおこられてばかりです。
 でも、監督は、ムードメーカーとしてのトールちゃんをほめています。
 他のチームメートの親たちとは違って、トールちゃんの両親はふだんの練習はもちろん試合の日も見に来ません。
 ある日、その両親が試合を見に来たら、トールちゃんは緊張でがちがちになって失敗の連続でした。
 次の週の準決勝の日は、トールちゃんの両親の姿は見えませんでした。
 トールちゃんは伸び伸びとプレーして、大活躍します。
 ところが、いよいよ決勝戦が始まる時に、トールちゃんの両親がやってきました。
 はたして、トールちゃんは、決勝戦でうまくプレーができるでしょうか?

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。

トールちゃん
クリエーター情報なし
平野 厚
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貫井徳郎「新月譚」 | トップ | 10月13日(木)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。