現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

小熊英二「国際環境とナショナリズム」平成史所収

2017-02-22 09:39:56 | 参考文献
 「平成史」の巻末論文です。
 「「フォーマット化」と疑似冷戦体制」という副題がついていますが、それらについては初めに少し触れただけで掘り下げられておらず、たんに概観しただけにとどまっています。
 それについては、小熊は註1で以下のように弁明しています。
「本章の課題は、題名に示すとおり、平成期の国際環境を概説し、日本のナショナリズムの動向を粗述することにある。とはいえこの問題を論ずるには、日本の安仝保障体制とアジア外交の問題を記述に含めざるをえなかった。筆者にとって外交・安全保障の歴史は専門外であるが、上記の問題をすベて含む記述を行なえる候補者が見当たらなかったため、本草を相当することとした。」
 正直、こんな言い方は書き手や編集側の都合にすぎず、読者には迷惑でしかありません。
 小熊は「粗述」という言葉を謙遜のつもりで使っているのでしょうが、内容はまさに「粗述」にすぎません。
 こういった現在進行形の歴史を取り扱うと、「1968」の記事でも述べたように、文献渉猟に偏った小熊の研究の方法論の限界が目立ちます。
 文献だけ(この章でも80もの註をつけて、たくさんの文献を紹介しています)に頼らずに、実際に活動している政治家、官僚、ジャーナリストなどにインタビューして、ウラを取る作業を怠っているので、小熊の勝手な読みに思えてしまいます。
 また、特定の政治的立場に偏った文献に頼りすぎていて、反対の立場の文献とのつけあわせがないので、論の組み立てが恣意的な印象を強く受けてしまいます。
 小熊は論文の最後に、この問題の幅広い論議の必要性を訴えかけていますが、この本なり論文なりの作り方にもそのことはいえると思います。

 
平成史 (河出ブックス)
クリエーター情報なし
河出書房新社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グードルン・パウゼヴァング... | トップ | 天野夏美/作 はまのゆか/... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。