現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

万城目学「悟浄出立」悟浄出立所収

2017-07-17 08:15:02 | 参考文献
 西遊記において、三蔵法師のお供のトリオの中で最もマイナーな沙悟浄の視点から、他のメンバー、特に猪八戒の前世を見つめることにより、新たな世界が広がります。
 特にクールな観察者に設定された沙悟浄が、新たな生き方へ踏み出すラストが感動的です。
 児童文学の世界でも、古典のパロディ的なたくさん作品はありますが、このようなまじめで哲学的な思索を込めたオマージュ的な作品はあまりないかもしれません。

悟浄出立
クリエーター情報なし
新潮社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月16日(日)のつぶやき | トップ | 7月17日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。