From "Nobody knows"

あふれる思いを言葉にして

朝のお祈り

2017-06-14 21:10:52 | 知る
こんばんは。

皆様いつもお読みくださりありがとうございます。

皆様にとって今日はどんな1日だったでしょうか。

私は朝、家を出る前に必ず神様にお祈りをします。

「今日も素晴らしき学び多い1日をお与えくださりありがとうございます」

朝の始まりにそうお祈りするのです。

春の陽だまりのような暖かさを持った光に自身が包まれるイメージです。



え?一日が始まったばかりなのに与えてくれてありがとう??



そう思うかもしれませんが
もう既に今日この日を『素晴らしき一日になる』と受け入れた上で感謝をすることで同じような気がしていた毎日が変わります。

これは神様からの御加護を自身が『受け入れます』の状態になっていくことにより自身の心に神様からの御加護が届くようになってくるからです。



「毎日つまんない。どうせ自分は運が悪いから」



このような思いを持って過ごすと
例えばラッキーが訪れても
そのラッキーを見る目に「不幸大好きフィルター」が
かかり「いや、ラッキーじゃない。きっと何か後で悪いことでも起きるだろう」というような見方をするようになるのです。


簡単に言うと「素直じゃない自分」になってしまっている。


例えば感謝の思いで、前向きな思いで生きて行こう✨といるならば
ちょっと自分には痛いと感じる出来事も「自分の弱点に気づけた!弱点を克服するチャンスにできるかも✨」という風に「思い」を変えていくことができやすくなるのです。


この二つの例のどこに差があるかと言うと
「自身の心がどっちを向いてるか?」です

暗いほうなのか
明るいほうなのか


ということは
出来事そのものがアンラッキーかラッキーなのか


ではなく
あなたの思いがアンラッキーとラッキー
どちらを愛しているのか?


ということなのです。


あなた自身が不幸を愛するか
あなた自身が幸せを愛するか


どっちを求めているのかを
ゆっくり自分の心の中を見つめてみてください


苦しい苦しいといいながら、不幸を愛してはいないか


できることなら、爽やかに軽やかな心で生きて、どこからともなくエネルギーが湧いてくるのを感じる人生を過ごしたいものです



私自身は今、それを目指して心静かに
己を見つめ、爽やかに軽やかな心になるように
毎日修行の思いで過ごしております


長年の暗い思いを持ちたがる心の癖を直して
いくのは、スムーズでないときもありますが
あえて自分の癖がどんなところか?
そして自分の長所を『素直に』認めることと
同時進行でやってみています


一進一退のようで実はいきなりババーンと
進むことができたりと楽しい毎日です


裸の自分を知るのは意外に恥ずかしいものですが
朝のお祈りで「学び多い1日をありがとうございますと神様へ感謝」し、自分の心にも
前向きを知らしめていくことで少しずつできるようになってきています


皆様もよろしかったら
ためしてみてください

いい一日!と決めて動くと心が感じるものは
明るいものが増えていきます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裁き心とは | トップ | 心の中。覗いてみたことあり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。