ゆるりとよいしょ♪その後・・・

ブログ人閉鎖でこちらへ移行しました。よろしくお願いいたします。

2017-05-27 16:31:30 | 日常

勢いのある雨が早朝から降り続いています。

気持ちいい~

運動会は晴れるといいね。

思い出したこと。

在宅介護時代父は夜も明るくすることにこだわりをもっていた。

寝室の蛍光灯やベットサイドのスタンドもつけっぱなし。

介護する母は夜に明るい状況で寝ることを与儀なくされていた。

寝つきはよく地震などにも鈍感に熟睡はしていた。

父の呼びかけにもなかなか反応することはないくらい爆睡はしていた。

だが蛍光灯の光は脳へのダメージを深めていたと思う。

後にスクリーンなどで対策をしたけれど時すでに遅し。

できることならば夜は暗いところで寝ることがうつや認知症にとって大切だと実感している。

現代はパソコンやスマホのあかりを自らあびている方々があたりまえになりつつあるのだろう。

認知症に危機をもっているなら遅くても午前零時にはできるならば暗いところで眠りについて過ごしたいものだ。

。。。。。

眠りの質は脳にも身体にも心にも大切だと心底思う。

。。。。。

息子である弟が母の変化に切実に困っていたこと。

食べ物だった。

「自分で料理を作るのをやめさせてくれ~」

「もう食べられない」

「気持ち悪い」

そう何度も訴えてきた。

そっと母に助言しても理解は得られなかった。

作り・・・たぶん自分で食べ続けたか?

そうだ冷蔵庫に作ったものは詰め込まれていた。

作ったものだけでなく期限切れの生ものもそっと娘が捨てていた。

そのうち息子である弟は外食のみを選択した。

朝も昼も夜も休日も。

ケーキからなんでも手作りしていた母の料理は私も食べられなくなっていた。

その時は心底辛かった。

一番辛かったのはたぶん母だろう。

母の料理の異変に誰よりも気づいていたのは父だったのだろうな。

母の作ったものを食べられないとエンシュアを飲んでいた。

エンシュアを選択した時は私も弟も母の料理に危機感は感じていなかった。

何故母の料理が食べられない?

あれは文字通り父が生きるための本能だったのだと思う。

ふっと思い出す。

今日のことだけ考えればいつでも爽やか~

コメント

日本のかたで

2017-05-27 16:29:38 | 日常

海外を拠点に活動されているドックトレーナー(この表現は少し違うらしいが)

動物の「安楽死」について書かれてあり

そうそうとうなづいた。

。。。。。

「安楽死は人道的ではないという考えが多いでしょうが、

苦しむ犬を活かしておくことが非人道的だと、私は思います。」

こう書かれてありました。

。。。。。

時と場合によるけれど

私もそう思う。

コメント

先日の夢。

2017-05-25 09:01:17 | 日常

元気そうなふんわりしたぶぶをまたにはさんで櫛をかけていた。

夢の中でぶぶの匂いをキャッチしてほっとしている。

ちょんまげを結んで・・・

その辺ははっきりとしていて起きても現実かと左手のぶぶを確認した。

あっ。どこ?夢か。

そうそうベットわきにはべいもいた。

白黒コンビの夢が柔らかい。

べべこに起こされて排尿させてまたうつらうつらしたらぶぶと車に乗った。

帰宅したらべべこがいた。

くらべてはいけないから封印しているけれどやはり敵わない部分はあります。

。。。。。

べべこさんは缶詰投薬ちゃんとしています。

膀胱炎にならないために・・・例えばアガリクスをプラスしたりとぼんやりとは思うが。

そうそう。

べべの膀胱炎に関しては水分が足りなりいということはありません。

尿のpHは薄いぐらいなんだよね。

春の血液検査を受けてなかったら尿がでなくなるまで気が付かなかったかな・・・

元気食欲あり。

コメント

やはりの。

2017-05-23 18:51:21 | 日常

べべさん膀胱炎となっており血尿&雑菌を検出。

療法食のおかげでストルバイトはでなかったのですが。

症状は今回は少しおまたを気にしていたかなあと降りかえれば思う程度。

抗生剤と止血剤を服用中。

まずは尿をきれいにしています。

体質?今年に入って2度目の血尿になります。

フードのことを考えたらジプシーになっちゃうから・・・

まずはかあちゃんの体力温存させておくれ。

普通を維持するのは難しい~

。。。。。

本日かあちゃんの用事で札幌駅付近をちょろちょろ。

久しぶり。

地下にもぐると自分の位置が把握できない~

少しずつ行動範囲を広げております(笑)

車以外で。

風邪は万病のもととはよく行ったものだと思います。

6月に入った時点で24時間心電図とやらをつけるらしい。

やだ~

。。。。。

夫か私か・・・私か夫か。

黒い相棒がダメージをおっちゃった。

1年点検をさらっと受けてからの出来事で私はそれほど運転してないのだが・・・

縁石にぶつかったような形跡で修理が必要(泣)

保険をつかうほどではないけれど結構の金額。

まあこれぐらいですんで良かったのと思う。

気をつけよう。お互いに。ってことでしょんぼりはしています(笑)

私かもしれないし夫かもしれないし。本当に解らない傷跡。

・・・部品がくるまでどうすんの?

いままでの歴代の白い相棒は「ツーカー」のディーラーさんでしたがささっと変えたからそうはいかな~い。

保険を使わない~代車代がかかるということでしょうか・・・・・

ぐっ。

。。。。。

食べ物の味はまだまだですがリラの香りはやはりなんとなくしています^^

。。。。。

先日我が家のつつじを見ていたら。

きゃーーーーーーっ。黒い細い毛虫がいっぱーい。

オレンジのつつじの花を囲むようにうじゃうじゃ~。

その部分は切って・・・ぱっさり切って。

我が家は薬は使わない。やはり命がいますから。

土の中から蜂がわいてくることも。

ひょーといいつつやっぱり退治はできないでいます。

コメント

うちの子らしく普通に・・・

2017-05-20 18:33:06 | 日常

健康な犬では無いことを前提に獣医師と連携しつつ普通に過ごせば良いのだ。

何より大事なのは私が健康でいることだと・・・

こまめな尿検査とちょっこっとフードの見直しをしながらうちの子らしく普通に過ごそう。

暑い時には涼しく。寒い時にはあったかく。

いい顔であり続けてね。

 

コメント

パクチーは

2017-05-19 18:32:46 | 日常

昨日パクチーをいただいた・・・

パクチー=カメムシの臭いに感じるのは私だけかなあ・・・

パクチーをパクチーとキャッチしているかは謎。

夫も苦手らしくヤングな方にプレゼント。

とても喜ばれたがほんとか?

好きな方は好きらしい。

 

コメント

べべさん~再検査へ・・・

2017-05-19 17:56:37 | 日常

白血球 ↓

総コレストロール ↑

糖化アルブミン ↑

総胆汁酸 ↑

膀胱炎もち・・・砂もち

白血球がかなり低いから気になります。

ちょっと想定外でした。

食後12時間の数値。

ブルータスお前もか・・・

総胆汁酸に関してはもしやという思いもあって検査していただきました。

結果はちゃんと受け止めて。

何より飼い主健康でいたいものです。

2歳5カ月まで発症しなければ大丈夫と言われてたCLの時期は過ぎてほっとしていました。

「この子のおかあさんが妊娠期に丈夫ではなかったのでは?」と言われた一番最初の獣医師の言葉が少し蘇りますが今日はプールに行き元気です。

 

コメント

リラが・・・

2017-05-19 08:33:04 | 日常

リラの嗅素をキャッチできた朝。このまま育て~

コメント

弟と

2017-05-18 20:19:08 | 日常
母の面会方法を話し合う。
基本できるだけ外に連れ出しやりきれない言葉をかぶるのを防ごう。
面会中部屋にひきこもれば言葉の刃のシャワーをあびるから。
できるだけ単独での面会は避けよう。
難しいなあと思う。
病気のせいだと解っていても。
コメント

リラは香らず😂寄せ植えは夫作(+_+)

2017-05-17 13:26:56 | 日常

 

コメント

珈琲の香りがせつない。

2017-05-16 16:30:41 | 日常

珈琲の香りは相変わらず解らない・・・

結構つらいこと。

。。。。。

大切な想い出を忘れてしまうことは幸せなことだ。

でも時には人の傷をえぐって行く。

知らず知らずに残酷な言葉を残しながら。

。。。。。

気をつけようと思う。

コメント

けがれなきエンドレス

2017-05-14 18:34:16 | 日常

母の日のまねごとで一日が過ぎた。

けがれなきエンドレス。

無邪気な母を冷ややかな微笑みで包み込む。

。。。。。

そういえば誕生花というものがとても苦手になった。

なんだろう。この違和感。

花に縛れる必要なんてない・・・

好きな花は心に秘めていればそれでいい。

そうすれば踏みにじられることはけっしてないから。

。。。。。。

少女のような母には花が良く似合った。

コメント

日常

2017-05-13 20:42:39 | 日常
コメント

せつないけれどしかたがない・・・

2017-05-11 14:17:14 | 日常

グループホームにたくしている母。

コンスタントに面会に行く。

実際にはおこりうることのない世界観に打ちのめされる。

面会にゆくことは私にとってはこれはもうストレス以外のなにものでもなくなる。

溜息つけば幸せが逃げるとはいうがこの世界観は受け入れがたし。

ただ施設にいるという安心感にはこころから感謝している。

母が大量に購入していた私のタイプではない洗剤などを廃棄しよう。

母の健康度は私より良いだろうな・・・

「あることないこと」言いふらす。

そこに認知症を理解していない面会者が介入すると心底やっかいである。

コメント

かなり楽に。

2017-05-11 13:58:49 | 日常

小さな一粒の薬はけっこうな良き働きをしています。

常に血圧は低いほうなので脈拍を気にすることはなかった。

いや・・・数年前からちょっとは早いかなあとは思ってはいたかも。

でも膝の手術の時には肺の機能を調べてそういえば吹く力が足りないようなことは言われたような。

まあ。薬で様子みられることはありがたい。

現在脈拍平均90ぐらいに落ち着いています。

風邪が先か頻脈が先かよく解らないけれど。

楽になるのは良いこと。

嗅覚はまだまだだけどけっこう身体の力が抜けてきています。

普通が普通である状態になりつつある感じ。

食事がもう少し味気があると良いのだけど。

ステロイド点鼻も一時休み中。

コメント