南京大虐殺=国家犯罪!!

2017-02-12 06:46:28 | Weblog

●南京大虐殺
・南京大虐殺から80年、今年の12月13日は、80年前の日中戦争で南京が陥落した日だ。そして、虐殺が始まる。(もちろん、南京に至る過程でも、残虐行為を繰り返していた!)

25、松井司令官の解任
1938年1月上旬を過ぎると、日本軍の南京虐殺の事実は、南京にいた外国人記者の報道によって世界に知れ渡るようになっていただけでなく、南京のアメリカ大使館が作成した日本軍の残虐・不法行為に関する膨大な記録と報告が本国の国務省や東京のアメリカ大使館に送信されたり、同じくドイツ大使館のローゼン書記官らの詳細な日本軍暴行記録が本国に報告されたりして、外交ルートを通じても、南京事件の事実が世界に知られるようになっていた。
こうした経緯があって参謀本部は松井中支那方面軍司令官の帰還を命令した。
2月14日、大本営は中支那方面軍・上海派遣軍・第10軍の戦闘序列を解き、新たに中支那方面軍(司令官畑俊六大将、参謀副長に武藤章大佐留任)の戦闘序列を下令した。
※しかし、日本に帰還した松井をマスメディアは南京を陥落させた凱旋将軍として報道し、天皇も大軍功の殊勲者として勅語を与えた。


外務省は、持っている情報をきちんと開示せよ!!
ある書物には、こう書いてあるが、この真偽はいかがなものか?
「1938年の1月17日に、廣田弘毅外務大臣は東京からワシントンDCの連絡員に次のような電文を転送したが、それをアメリカの情報機関が傍受し、暗号を解読してから、1938年2月1日に英語に翻訳した。

数日前に上海に戻ってから、私は南京やその他の地区で日本軍によって行われていると報告されている虐殺行為を調査した。信頼できる目撃者の口頭の説明と、信頼性について疑念の余地のない人たちの手紙により、日本軍がフン族のアッチラを思わせるような態度で振舞ってきて、現在もそういう風に振舞っているという確証を得ることができる。30万人を下ることがない中国の民間人が殺戮された。そのほとんどは血も凍るようなことだ。」


南京の情報を遮断するために、海軍はパナイ号は故意に撃沈した?

「そこで電報を(漢口にいる蒋に)打ち、同時に東京へ一通送る必要があった。電文が起草され、ベイツと僕とでそれを携えて“パナイ”号へ行ったのだが、・・・・・・その翌日“パナイ”号はさらに上流へと出発し・・・時ならぬ終着駅でもある処へと向かった。あらゆる通信がかくして切断され、僕らはそれ以上停戦を促す何事もなしえなかった。(ミルス:「夫人への手紙」より)

パナイ号撃沈 


安倍首相は、なぜ中国へ行って謝罪しない??パールハーバーよりも先ではないか!!

当時、南京にいたアメリカ人牧師マギーがとらえた南京虐殺
フィルムは見ていた!検証「南京大虐殺」


マギーフィルム(日本語訳付き) 



フォースター(Ernest H. Forster)は1895年にフィラデルフィアで生まれ、1917年にプリンストン大学を卒業した。バルティモア聖ボーロ小学校で校長の助手を2年務めた後、聖公会の宣教師[Episcopal missionary]として中国へ行き、揚州の馬関学校で教えた。1936年に名高い弁護士タウンゼントゥ(Irving U. Townsend)の令嬢クラリッサとボストンで結婚した。フォースター夫妻は一緒に中国へ戻り、揚州に駐在した。南京が陥落する1ヶ月前に、2人は揚州から南京へ移り住み、聖公会の聖ボーロ礼拝堂に仕えた。1937年11月末にクラリッサは南京から漢口へ撤退し、1938年1月中旬に香港を経て上海に着いた。フォースターはもう1人の聖公会の牧師マギーと、南京に留まり大虐殺の全歳月を過ごした。
フォースター夫妻のイェール神学校に保存されてきた文献の中の手紙やレポートや写真が、南京大虐殺の全般的で目に見えるような記録となっている。



夫人への手紙
(1937年11月23日~1938年2月13日)※
ここからがフォースター氏の書簡の抄録で、その後の南京に関わる消息が記載されている

12月5日、日曜日

昨日からマギーと僕ともう1人コーラさんとが、市内の保留地域にあるシュルツの住居に住み込んでいる。日本軍が日に日に迫ってくるにつれ、こんなにも多くの人たちの世話を焼くのに、僕ら下関を後にし、中国人労働者も連れて町にはいる方がいいと思われるんだ。昨日はずうっと梱包したり運んだりで忙しかった。用務員たちが午後やって来て言うのに、炊き出し所もう準備できたそうだ。クーリーにあらゆる食品の箱を運ばせた。僕ら当分の間それでやっていかねばならないんだ。蓄音機とレコードも持ってきた。ベッドを2つ持って来たのは、もっと多くの人が移って来そうだからだ。僕らがハンソンさんの石油会社に住まわなかったのは、彼の下のはじめ出て行くつもりだった人たちが又戻って来て、僕らが入ろうとしていた部屋に住み込んだからだ。






しゃべってから死ぬ!南京大虐殺



南京大虐殺:侵華日軍南京大屠殺 南京電影制片庁 21分 




昭和天皇・皇族はすべてを知っていた!!
ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台がこの時期に築かれた。・・・・・
1929年には、枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約(1929年調印の「捕虜の処遇に関する条約」)の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎて実行できないという。陸海軍大臣と外務大臣の主張を容れたのである。・・・p171
・・・・・・・・

(日中戦争)『昭和天皇』「上」(ハーバード・ビックス著:講談社学術文庫より)
序章

そこで1946年3月18日、寒い日曜日の朝10時半、天皇は風邪ぎみだったが、信頼の厚い5人の側近を宮城の一角にあるコンクリートの防空建築の執務室に呼びよせた。太平洋戦争以来、天皇はその建物に住んでいた〔空襲を避ける意味で、天皇・皇后の住まいは1944年、宮殿から吹上御所の鉄筋コンクリートの建物[御文庫]に移された〕。側近たちは、その治世に起きた異常な出来事をめぐる天皇の回想を聴くために集まったのである。部屋に入ってみると、天皇は臨時に運ばせた洋式のシングルベッドにもたれていた。足もとには彼らの椅子があった。天皇は白く輝く絹の寝間着姿で、枕も刺し子の掛け布団も、精緻な織りの白羽二重だった。天皇を最高位の神官とする神道では、こうした白服は、キリスト教のように悔悟をではなく、儀礼的な清浄さを表すのである。彼らは腰かけ、前もって書き出しておいたとおり質問を始めた。質問の一部はマッカーサーの軍事秘書の示唆を受けたものであった。彼らは質問に対する天皇の口述を聴き、宮内省内記部長の稲田周一がその言葉を書き留めた。稲田はのちに彼の備忘録に、「どうして此のような御様子の時にいそいでおはなしを伺ったかと疑われるが、この頃、戦犯裁判に関連して陛下の責任を取り上げる者もあるので、陛下の御気持のありのままを成るべく早く書き記す必要があったからだ」と書いている。




軍と政府が一体となって実施した慰安婦制度!!
(勿論、警察も見て見ぬふりをした!!)

※南京事件の悪評に苦慮した日本軍上層部は、杉山元陸相、梅津美治郎(よしじろう)中将、今村均(ひとし)中将らを中心に1938年3月4日、日本軍のいる所に「慰安所」の設置を決め、通達した。しかし、日本内地の娼婦だけでは到底間に合わず、ついには朝鮮半島の若い女性たちが生贄(いけにえ)にされた。その発端は、「朝鮮の若い女性は性病がなく、危険が少ない」という麻生軍医の上申書であった。『赤い夕日と黒い大地』(竹内治一著)



お粗末な日本政府の情報公開 








※南京大虐殺があったことは国民に知らせず(これも国家機密であったのか?)、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景



※しかし、溥儀が恐れるほど関東軍が強くないことを証明したのが、1938年の張鼓峰(ちょうこほう)事件と1939年のノモンハン事件である。いずれもソ連との国境紛争で、関東軍は惨敗した。両事件ともソ連軍の戦車・航空機・大砲・兵員が、質量とも圧倒的に勝っていた。日本軍は2度の敗戦をひた隠しに隠した。『赤い夕日と黒い大地』(竹内治一著)

※日本は、ノモンハンの敗北を封印することに腐心する。帰還した将兵には緘口(かんこう)令を敷き、戦闘に参加した将校を自決させ、作戦を立案した参謀を更迭した。

 

●ニュース
安倍氏「真珠湾犠牲者を哀悼」…中国「本当の和解望むなら南京に来い」

「安倍首相はまず南京に来るべきだ。我々は寛容の心で受け入れる」
<中国>南京大虐殺の追悼式典 安倍首相の訪問求める声も

実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。その約1時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。

それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。
真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状

(朝鮮日報日本語版) 中国人デモ隊を数で圧倒した日本人右翼を一切報じない日本メディア

アパホテルに抗議、在日中国人らが東京でデモ

南スーダン戦闘「戦争犯罪の可能性」 国連安保理が警告

南スーダン難民が150万人超す 世界第3位の難民危機

米FRB理事が辞表、欠員3人へ トランプ氏政策反発か

<日米首脳会談>高村氏「良い関係に」志位氏「貢ぎ物外交」

首相宿泊のトランプ氏豪華別荘、滞在費はだれが払う?

天下りあっせん問題 関連する法人名など明らかに

辺野古新基地:市民200人結集「県民は建設認めない」

名護市長が政府に反発「住民の多くは辺野古反対」

10式戦車装備化開始 陸自第7師団が発表

建国記念日、改憲に気勢と危機感 都内で集会

沖縄の山城議長勾留 元高裁判事も疑問 「基地反対への弾圧」

「保育園落ちた」ネット投稿や集会で怒りと不安訴え

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」――シリーズ【草の根保守の蠢動 特別編】

「柏崎刈羽原発 新潟知事 東電に表明」について


MX「ニュース女子」沖縄ヘイトデマ問題 - BPO審議入り。


日本は正しい歴史観に基づいて自国民を教育せよ―中国外交部

[寄稿]1★9★3★7

産経新聞が日テレの「南京虐殺」検証番組を「裏付けなしの謀略宣伝」と攻撃! でも捏造と謀略は産経の方だった

三笠宮は、731の生体実験・細菌戦・毒ガス戦・南京大虐殺も全て知っていた!!
昭和天皇の弟・三笠宮崇仁親王は、南京事件に

「架空の歴史を信じない」。戦時に軍部を批判した皇族、三笠宮さまが注目される理由

日テレが産経に「厳重抗議」 ギャラクシー賞「南京事件番組」検証記事めぐり

村上春樹氏「歴史を書き換えれば結局は自身を傷つけることに」

極右稲田朋美防衛相「南京大虐殺を事実と認定しない、日中戦争は侵略と断言出来ない」→韓国人「中国尖閣諸島周辺で活動範囲を拡大」

「核」で過去の発言追及…稲田氏に集中砲火



稲田防衛相らの「白紙領収書」問題


韓国、大揺れ 安倍首相「慰安婦へ謝罪の手紙」拒否に政府板挟み

[特派員コラム] 12・28合意と決別しよう



韓国で少女像「移転してはならない」が76%

韓国国民の63%が「慰安婦問題再交渉すべき」、少女像移転反対も76%


核兵器禁止、「本音」と「建前」に揺れる日本政府、オバマ大統領の「核先制不使用」には反対

潜在的核保有国化を目指す日本は、核兵器禁止条約制定目指す決議案に反対!!

非核3原則は嘘だった!!
※2009年(平成21年)になって沖縄に核兵器が持ち込まれていた事実が明らかになった。
※非核三原則を表明した佐藤栄作は1969年(昭和44年)1月14日付で米国政府に送った公電で「非核三原則はナンセンスだ」と発言したことが、アメリカの公文書から明らかになっている。

日本は、世界に「核廃絶!!」とは叫んでいないのだ!!

核兵器禁止条約制定目指す決議案 日本は反対 批判の声も




「Iam not ABE に込めた警告 ひとりひとりの挑戦こそが民主社会をつくる」


これが自民党の実態だ!!
憲法改正で自民党が目指すもの!!
国民主権、基本的人権、平和主義の3つを無くし、
国防軍創設、国体護持!!
全く、戦前の日本と同じではないか!!

自民党の目指すもの?? 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南京大虐殺=国家犯罪!! | トップ | 南京大虐殺=国家犯罪!! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL