細菌戦の系譜!!

2017-07-14 13:56:02 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。
●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展
●マレーシアの旅
●九大生体解剖事件



●情報公開!! 特定秘密保護法撤廃!!
防衛省は、6日の『衛生学校記事』の情報公開裁判で、こんなに長く裁判をしているのに、全然資料の提示をしなかった!!なんでこうも長く隠す!!調査をしていないのではないか?時間稼ぎだ!!裁判長はもっと強く防衛省に提示を要求して欲しい!!防衛省は、何をしているか、国民の前にきちんと情報を提示しろ!!

7月12日 第4回 「化学学校記事」情報公開裁判を傍聴して
9月中旬に防衛省の探索結果が出るようです。
どのような報告になるのか?きちんとした探索結果を出してもらいたい。
「化学学校史」はまだ出しているという事なので、「化学学校記事」もまだ続けていないのか??
どの場所を探索したと書くのだろうか?きちんと報告してもらいたい!!
次回裁判 10月11日 am11:30~ 東京地裁 522法廷

天皇制を考えよう!!
政府が特例法案を閣議決定 6月中に成立へ 譲位は実現すれば光格天皇以来、約200年ぶり
象徴天皇制 自由で闊達な議論が必要!!加計問題!!


7.7.集会 中国全面侵略戦争 80年と東京裁判(衆議院第1議員会館)


1937.7.7集会 ノーモア7.7


・ニュース
安倍内閣は即退陣!!公文書はすべて公開!!政策決定が国民に分かるように!!
戦時中の公文書もきちんと公開して欲しい!!
自民、首相出席の閉会中審査を受け入れ 来週以降

今までの対応
民進・自民国対委員長会談後の記者会見 2017年7月13日


森友問題で弁護士ら、地検特捜部に告発状を提出

これだけではない!!下村、安倍夫人と加計学園のつながりも大きいではないか!!


なぜ国民に安倍はきちんと説明しない!!!!
籠池氏百万円返しに 加計 森裕子


日本獣医師会「特区制度に基づく対応はなじまない」

萩生田内閣副館長長官の指示は明らかだ!!




内閣府「18年度開学」指示 本紙に前川前次官が証言


文科省前次官 当時の内閣官房参与から「決定に従えばよい」

開学要請複数ルート 前川氏「別のOBも」


<加計学園>「千葉科学大学」を誘致した銚子市の実態


誰が見ても明らか!!安倍首相と加計理事長はこんなズブズブの関係だ!!安倍首相辞任!!
昭恵夫人はこの飲み会について「クリスマスイブ。男たちの悪巧み・・・(?)」などと意味深なコメントをしています。

写真にはお酒を飲みながら笑顔になっている安倍晋三首相や加計学園の加計孝太郎、三井住友銀行副頭取・高橋精一郎氏、鉄鋼ビルディング専務・増岡聡一郎氏などが写っています。

「特区の議論はすべて『加計ありき』」








日本獣医師会顧問、北村直人氏が語る加計学園問題!!
獣医師会が反対していた!!
ご夫人のフェイスブックに{え!こんなの載せていいの?」っていうのを見ました。
・・・・
2015年12月24日
まさしく国家戦略特区で獣医学部を認める土俵が出来て、そして24日に乾杯したんだと思いますよ!!・・・
【石破から山本へ交替!!】
(2016年1月ー山本幸三、衆議院地方創生特別委員長、8月ー内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革担当、第3次安倍内閣以降、国家戦略特区は、地方創生担当)
裏ですべて書類を書いて、資料を作ってきたのは加計学園です。・・・構想を練っていたのは加計学園。・・・こういうような構想を持ってこいと言ったのは政府でしょ!!官邸でしょ。それこそ忖度ですよ!!今井さんを先頭に・・・誰も責任を取らない!!
「昔陸軍(大本営)、今官邸(内閣府)」、この戦略特区が失敗したら誰が責任を取る??
あの戦争では、大本営作戦参謀や昭和天皇は誰も責任を取らなかった!!
この回の森友・加計学園問題でも、内閣府の補佐官・安倍首相は誰1人責任を取らない!!
獣医師はもう足りています!!
銚子市や今治市が、夕張のように財政破綻しなければいいが!!



加計学園とのつながり

安倍首相・・・首相の長年の友人で「腹心の友」と呼ぶ加計孝太郎氏が理事長を務める学園。2人の出会いは安倍首相が米国に留学していた時代にまで遡る。それ以降、ゴルフや会食などの付き合いが続いており、別荘もすぐ近く。かつて安倍首相は関係者に「加計さんは俺のビッグスポンサーなんだよ。学校経営者では一番の資産家だ」と語っていたという。
過去に加計役員「報酬、1年で14万円」

昭恵夫人・・安倍昭恵首相夫人も加計孝太郎氏とは関係が深い。2人はたびたびワシントンやロサンゼルスを訪問して現地の学校法人などを視察している。昭恵夫人が力を注ぐミャンマー支援も加計氏が現地まで同行してサポートした。昭恵夫人は加計学園が神戸市で運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長を務めており、15年9月には政府職員2人を連れて施設のイベントに参加している(朝日新聞 5月17日)。

ちなみに、山本幸三内閣府特命担当大臣は、日本・ミャンマー友好議員連盟幹事長。

萩生田光一・・・落選中に学校法人加計学園で客員教授を務め、報酬を得ていたと明らかにした。今でも名誉客員教授。萩生田氏は安倍晋三首相の側近の衆院議員。内閣官房副長官。

木曽功・・・元文科省の官僚で、前川氏の3期先輩にあたり、14年4月から内閣官房参与に任命されていた。一方、16年4月からは加計学園理事兼千葉科学大学学長にも就任しており、加計学園の利害関係者でもあった。

<報道特集>前川前次官と共に検証「加計学園選定プロセス」



加戸守行・・・元文部官僚、愛媛県元知事、2013年1月より教育再生実行会議の委員を務めた。(79歳の時に、なぜか首相の肝いりで委員になる)
第2の森友疑惑 安倍首相“お友達”大学に公有地36億円を無償譲渡
・・・・同会議の今治市分科会には前愛媛県知事の加戸守行氏が出席。同氏は「日本会議」関連の行事に出席し、安倍首相が本部長の「教育再生実行会議」の有識者メンバーを八木秀次氏、曽野綾子氏らとともに務めたこともある、首相の「右派人脈」のお仲間である。

竹中平蔵・・・内閣府国家戦略特別区域諮問会議(有識者)議員等を務める。
国家戦略特区の発案者であり、安倍晋三首相に提言した竹中平蔵氏(国家戦略特区諮問会議・有識者議員)が加計学園問題にコメントしました。
メディアの取材インタビューに応じた竹中平蔵氏は「総理が役員だとは知らなかった」と述べ、特区で加計学園が選ばれたのは偶然だと強調。
その上で、国家戦略特区の選定作業について、「個人的な関係があってもなくてもプロジェクトの選定とは全く関係ありません。国のためになるかで選んでいます」などと発言を繰り返していました。

また、加計学園を選ぶ時には「客観的な4条件」で入念に審査をしたと明言し、獣医学部の新設は問題が無かったと断定しています。
このインタビューを行ったテレビ番組はその後に国家戦略特区の議事録を精査しますが、「4条件の記載は無かった」と報じていました。
他にも竹中平蔵氏の発言とは矛盾するようなやり取りが発見され、逆に今回のインタビューで疑念は深まったと言えるでしょう。(竹中氏が加計理事長と安倍首相の関係を知らなかったというのは、安倍・竹中の関係から言って、全く信じられない)


パソナ会長の竹中平蔵と安倍晋三の間にはどん

安倍・竹中の行った売国政策の一覧。余りの闇の深さに驚きます。

安倍政権と癒着状態だった加計学園!連日のように安倍首相が食事会、ゴルフ等でもトップ交流!

【銚子発・アベ友疑獄】 加計学園のスキーム教えます 元財政当局者「第2の夕張にしてはならない」

【「市民の多くは『第二の夕張になってほしくない』と思っている」。
銚子市の一般会計予算は241億円(2016年度)。財政規模の3分の1を大学誘致に充てたのである。元財政当局者が「第2の夕張」を危惧する理由だ。
今治とよく似たスキームである。市が土地を準備し、補助金を差し出して大学に“おいで頂く”。】

文科省現役証言 今治市民の怒り






大竹まこと×光浦靖子:国会死亡なのか?共謀罪法案成立、来月施行



・森友問題
大阪府議会、籠池泰典氏を7月10日に参考人招致

大阪地検は、安倍昭恵夫人、迫田国税庁長官、松井大阪府知事をなぜ徹底調査しない??
森友の小学校用地、国が買い戻し 校舎どうするか協議へ

【森友問題】忖度して当然?「安倍晋三記念小学校」設立趣意書に記載か―昭恵夫人の積極的な関与も

財務省・大阪府・防衛省その他の国の機関は、きちんとデータ出しなさい!!まずい資料はすべて隠蔽!!
あの財務省のデータを隠し続けた佐川理財局長が国税庁長官になる??ふざけないで欲しい!!税金の使い道を国民から見えなくしている張本人!!
裏には迫田国税庁長官、安倍もいる!!
菅官房長官記者会見2017.6 29


松井一郎大阪府知事と籠池理事長の面識は本当に無かったのか?(松井知事と塚本幼稚園児の遭遇)



安倍首相 森友学園「私が関わっていたら、総理大臣を辞める!」




・安倍首相靖国参拝違憲訴訟(安倍首相忖度判決!!)
裁判官は、戦前・戦中の靖国神社の果たした役割を知っているのか?
「安倍総理大臣が参拝後に出した談話を素直に読めば、恒久平和への誓いを立てたものと理解され、軍事的衝突の可能性が高まると理解するのは困難で、平和に暮らす権利が侵害されたという主張は認められない」
安倍首相の靖国参拝訴訟で原告敗訴



・侵略戦争!!
無差別爆撃、空襲はこうして始まった!!日本軍の重慶大爆撃!!
空襲のはじまり、日本軍の重慶大爆撃



重慶の人たちは、侵略日本軍と敢然と戦った!!




・安倍晋三のおじいさんは岸信介
岸信介という人
以下「日本の右傾化・ファシズム化に危惧するブログ」より

岸信介の最初の実績の満州国で実業部総務司長に就任して訪満し、満州国の事実上の責任者として5ヵ年計画の中心者でした。
国家全体主義に燃え、あらゆる悪事を振舞うことになります。

岸信介は大日本帝国の侵略に果たした役割においては非常に優秀だったといえるかもしれません。

岸信介は満州国の現地の中国人らの生き血やアヘンで稼いだ資金をバックに、東條内閣の商工大臣として戦時統制経済を推進していきました。
岸信介は、東條内閣でも中国に深く関わっていくことにあります。戦時中の労働力不足として、中国人の労働力をも使おうとします。
そのために出されたのが、1942年11月27日、東條内閣による「華人労務者内地移入に関する件」の閣議決定でした。
このときの商工大臣は岸信介であり、「華人労務者」強制連行・強制労働政策遂行の最高責任者でした。
戦犯を逃れて、戦後首相に上り詰めた岸信介はそのことを追及されたのだが、責任者であったにも関わらず、白を切り続けました。


強制連行の決定


・3月2日 東京地裁でビザ発給拒否裁判がありました。
中国人細菌戦被害者遺族が日本の集会で細菌戦のことを報告しようと、ビザの申請をしたところ、外務省がビザの発給を拒否しました。そんなことが2度ありました。2度目は裁判の原告して証言しようしたら、これも拒否です。明らかに日本国政府は細菌戦の事実を闇に葬ろうとしている暴挙です!!なぜ、日本政府は、加害の事実を明かにしないで、消し去るのか!!

ビザ発給は外務省の自由裁量でできる?外務省の課長が処理した案件であるから、政治的な意図はないなどと、被告国側は主張している!!おかしい!!

外務省が集会参加予定の中国人12人にビザ発給せず――細菌戦被害者ら入国拒否

当時の集会の模様
中国人細菌戦被害者遺族は、なぜいない?




●2017年「戦争の加害」のパネル展:2月21日~28日 (於)かながわ県民センター
2017年2月パネル展


南京大虐殺を考える


731部隊の細菌戦


日本軍の毒ガス戦と企業責任


感想
・ヨーロッパでの右派政党の伸び、トランプ大統領の(元フェイクニュース運営者が)側近の大きな影響を受けて、チグハグな発言で世界を混乱に陥れつつある。日本会議にシンパシーを持つ多くの与党議員や閣僚、勿論安倍も、/なぜ人は、都合の悪い情報を切り捨て、周辺国と折り合いをつけられないのだろうか?/インターネット、SNS、ツイッター・・・通信の双方向技術は良い面も期待されたが、その特質をわきまえずに使うと、フェイクニュースの世界の中だけに生きて、人間の多様性・寛容さを忘れ、一時の抵抗(?)に酔いしれる。歴史に無知な人間を拡大させているかとの感覚にとらわれてしまう。グローバル化による格差で、余裕のない人々を多く生み出し、苦しさを自分より弱い立場と思われる人々を攻撃して(したつもり)。・・・・意見の違いを超えて、“対話”が必要なのだが、様々な国のリーダーが“対話”に価値を見出さないかの様な発言や国の運営や、世論形成に走ると、歴史に無知な人々の冷静さをさらに失わせることになる。世代を超えての“対話”により、歴史の継承が今ほど重要な時代はない気持ちがする。歴史の継承の為「パネル展示」に努力されている皆々様に感謝いたします。60代男性


●731の実態
わしが命ぜられたことは、「ゴムホースで体を洗えということです。それもデッキブラシで洗え」と。わしは初めは足が震えて、とてもできませんでした。また”解剖”と思ったら顔を見ながら、「顔もデッキブラシで洗うのか?」と聞いたら、「そうだ」と言う。・・・・
・・・・・・・・・・

731 (2)


第4回 日本軍による人体実験

闇に消された虐殺~731部隊


731部隊のドキュメンタリー



・中国には、細菌戦の影響と思われる、原因不明の病気に悩んでいる人々が今も数多くいる!!

悪魔の飽食:復号731


・お知らせ
5月25日発売



・特移扱(とくいあつかい)資料
- 原美臻の特移扱い資料4



●今、731を問う!!
日本の平和団体が731部隊によって実験材料にされた犠牲者を4月に慰霊した。7



中国では、今年3月に731の展示会が開かれた。




特集 軍拡に走る安倍政権と学術①

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
一 戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表

5、いまどんな議論が必要か

戦争医学犯罪の検証について国際的な連携・協力をするための議論が必要だと思います。

■世界と日本での議論の進展

―今も戦争が絶えないもとで、国際的には医学界・医療界ではどんな議論が行われているでしょうか。

人体実験に関する国際規範であるヘルシンキ宣言やその源流となったニュルンべルク綱領も、医学者・医師が軍事研究に従事すること自体については踏み込んではいませんし、世界医師会や世界の医学界・医療界において国際紛争の解決に際しての「戦争と武力による威嚇又は武力の行使」 の禁止や武器生産の禁止についてはほとんど議論されていませんでした。2005年になって、世界で最もよく知られ、評価の高い医学雑誌Lan cet(ランセット) では出版社のエルゼビアの傘下に軍需産業の会社があることが明らかにされ、「兵器と健康を売る医学雑誌の偽善」の論争が起こり、国際的な運動の結果、軍需産業から一切経済的支援を受けないことになり、「生物医学研究者に対する軍需産業との関係についての提案」もなされました。この時には、最大の人為的災害は戦争であり、最も被害を受けるのは女性と子どもであり、国際的な公衆衛生上の課題であるという趣旨のWHO(世界保健機構)の報告についても議論されました。

以上(月刊『前衛』より)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細菌戦の系譜!! | トップ | 細菌戦の系譜!! »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL