国家犯罪!731から福島まで!!

2015-06-27 04:55:54 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”


●731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?



Unit 731 Film Competition

Do you know about Unit 731?
The Japanese Imperial Army created Unit 731 to develop biological weapons during the Second Sino-Japanese War (1937–1945) of World War II in the Pingfang district of Harbin in northeast China. This was in the puppet country of "Manchukuo" set up by the Japanese.
The purpose of the Unit 731 Film Competition is to share the Truth. It is important to use this chance to investigate and challenge the secret of Unit 731 so that we can let people know what the Japanese did in the War and how those medical scientists who participated in atrocities have led their post war lives.
Film, animation, documentary, drama, any filmformat is OK. 
Please try. We welcome your application!

Dead line 
September 30th 2015. You should send a DVDwith the form by post.

Judges
Kazuo Hara, film maker. Director of the masterpiece “The Emperor's Naked-Army Marches On”, and other films.
Tadayuki Kusuyama, journalist and a filmmaker, directed “Rikugun Noborito Kenkyujo” “Hitori Hitori no Senjoh” and other films.
Masaaki Kinoshita, movie critic, wrote “[Inochi] wo Kuu” and other books.

Prizes 
First prize 100.000
Second prize 30.000
Runner-up 30.000
Publication of results
October 30th 2015
Organizer the Unit731 Exhibition Committeehttp://731-vc.wix.com/compe
Cohost NPO Unit 731/BW Information Center
The Support Association for the bereaved of the unit 731 victims
The ABC Project Committee
The Association of Investigation of the humanbones which were unearthed from the site of the former Japanese Imperial Medical College
Supporter: Gunzousha

Guideline for Applicants:

Summary
This contest's significance is regret over pastwars.
And we hope to never again repeat this cruel war.
The winner's work will be shown to as widely as possible.
Rules
1
The film must be about Unit 731.
2
The maximum length of the film is 60 minutes.
3
Both individual and team participation are welcome.
But each participant can enter only one film.
4
Anyone can enter. No age limit and no specific background necessary.
5
We do not accept filmthat were already published.
6
The film must have Japanese subtitles if you use other languages.
7
Please send the DVD with the entry form. Please download and print a form from http://731-vc.wix.com/compe. Please complete the form.

Selection
On October 30th we will hold a screening of all works submitted. The judges will select the winners.

About using works under copyright
You need the permission of the copyright owner if you use music or movie which is under copyright. If you don't have permission we willrefuse your works. And please fill in the entry form if you use any material that is under copyright.

Permission 
We will do our best to take care of the submitted works. But, we will not take any responsibility for the films if anything beyond our control (loss during transportation or accident by unforeseen calamity) should happen. 

Application and Inquiry
Exhibition of Unit731 committee 
People’s Law Office, 9F Shigaraki Building, 1-6-5, Shinjuku, Shinjuku-ku,
Tokyo Japan 160-0022 
E-mail exhibition731@yahoo.co.jp
URL http://731-vc.wix.com/compe

731部隊映像コンテスト




●映像でみる731部隊とは
(参考)黒い太陽731 


終戦50年特別企画
終戦50周年731部隊


知ってるつもり「731部隊と医学者たち」


731細菌部隊と帝銀事件との真相1


●8・15「70年談話」を考えよう!!
「安倍談話」、反省だけでは不十分―中国専門家
外交部、日本の政府と指導者が歴代内閣の歴史認識を順守することを望む


「60年談話より」
・・・・先の大戦では、三百万余の同胞が、祖国を思い、家族を案じつつ戦場に散り、戦禍に倒れ、あるいは、戦後遠い異郷の地に亡くなられています。
また、我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して
多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。悲惨な戦争の教訓を風化させず、二度と戦火を交えることなく世界の平和と繁栄に貢献していく決意です。・・・

日本は戦後70年談話で歴史の過ちをはっきりと認めるべき―米専門家

首相談話 慎重に対応を検討へ

村山氏、「安倍談話」を真面目にやるよう呼びかける
あなたの祖父は中国で何をやったのですか?731・毒ガスとももちろん深くかかわった?
安倍首相の祖父 偽満州国の次長としての写真


ALL JAPANでやったあの戦争の遂行責任者は誰であったのか?
世界征服をたくらんだ?

(ポツダム宣言)
六 我らは無責任な軍国主義が世界より駆逐されるまでは平和、安全、および、正義の新秩序が生じ得ないことを主張する。従って、日本国国民を欺瞞して世界征服の暴挙に出る過ちを犯させた者の権力と勢力は永久に除去する。



日本人は、ひたすら過去を忘れようとしている?
※この「談話」の中に、毒ガス・731部隊のことをいかに入れるか?
残虐な人体実験、細菌兵器・毒ガス兵器の使用。
地図から消されていた広島県 大久野島の忘れてはいけない過去
NHKは「沖縄戦の全記録」をつくったが、「中国に於ける毒ガス戦・細菌戦の全記録」は作らないのだろうか?
痛み「70年消えたことない」=戦争被害、国に謝罪求める―沖縄戦訴訟・地裁
沖縄でも中国でも戦争被害に悩んでいる!!
たくさんの加害の事実があるのに一度も謝罪しなくていいの?(証拠を開示することなく隠すばかり)

(参考)
大久野島(毒ガス)











まだ、戦争は終わっていない!中国・日本に於ける遺棄毒ガス弾の被害!!
まだ、戦争は終わっていない!孫永剛j君(1996年4月)の手紙 



残された毒ガスの問題は、日本にもある!!まだ大久野島の防空壕には65万個のくしゃみ剤が埋めてある。(1995年当時)
日本の毒ガス弾の処理

遺棄毒ガス被害現場を訪ねる
大久野島から平和と環境を考える会
旧日本軍の戦後処理、日中で初の民間協力――毒ガス被害に支援基金設立
遺棄毒ガス問題ポータルサイト


暴かれる毒ガス戦の真実


日中の調査団はハルバ嶺には70万発(中国全土では200万発)の毒ガス弾が埋まっていると推定した。化学兵器禁止条約が発効して残された毒ガス弾は、日本の責任において処理しなければならない!!
しかし、まだ老朽化した毒ガス弾を短期間で無毒化することは困難で、処理工場もどこに作るか決まっていない(1995年当時)。そして毒ガスの被害者には対しては何の手を打とうともしていない!!(補償なし)誰が負担する?
遺棄毒ガス弾に悩む中国民衆

毒ガス戦


閑院宮

・お知らせ!!


朝枝繁春の証言


村人800人以上が、日本軍の毒ガスによって殺された!!
北坦村の悲劇



大久野島で、毒ガスを作っていることは、動員された女子学生には、知らされなかった!!
大久野島のことを改めて考えるようになったは東京で起きた「地下鉄サリン事件」がきっかけだった!!
「毒ガス・サリンのあの事件で初めて自分のしたことを知りました。ショックと言いますか、残念でしたね。私たちもあんなことをしたんだねぇ。実際に作ったのではないですが、作る島に奉公したことは、見るに見かねると言いますか、残念でしたね。つらいと言いますかねぇ・・・」
大久野島3(毒ガス)


地下鉄サリン事件の犯人は逮捕され、裁かれた。麻原のマインド・コントロールによって、旧日本軍のまねをしたのでは?
戦前、戦中の日本では、文部省・特高(特別高等警察)によって、天皇制軍国主義に国民がマインドコントロールされ、強制的に天皇教に帰依させられた。そして、人道上許されぬ犯罪を犯した。が、しかし、旧日本軍の731部隊員等細菌戦関係者・毒ガス製造者・毒ガス使用者や指令を出した軍部・皇族・天皇は裁かれたのか?誰ひとり裁かれなかった!!
「地下鉄サリン事件」ザ!世界仰天ニュース



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家犯罪!731から福島まで!! | トップ | 国家犯罪!731から福島まで!! »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (AK)
2015-06-28 01:01:04
ブログ内、文献著者の孫にあたります。祖父の名前を検索したら、たどり着きました。戦争の惨劇、繰り返さないために、真実を知るべきと改めて感じました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事