渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

第35回崎元譲と仲間たちによるクロマティック・ハーモニカコンサート

2016年09月17日 | 日記
   


昨年に続き、今年も行って来ました。
演奏中の写真・録音は禁止されている為、同じ様な写真になります。
崎元氏との2ショットをねだる程のミーハーではありません。

4時間に亘って演奏する崎元氏とその教え子達22名・プロもアマも、の年に1回の演奏会で、35年間続いて来た由。
途中約10~15分の休憩を2回挟んでの、強行軍?
約300席弱?の会場が3分の2程埋まっていました。
終演時は、それでも約2分の1。
入場料¥2,000(前売り¥1,500)

市ヶ谷の教会を会場にしており、矢張り音響的には良いと感じました。
新百合ヶ丘駅周辺を捜してみたい。
利用料の高いアートセンター小劇場や昭和音大の小ホールに拘りません。

クラシック曲を中心に約40曲余り。
ピアノ伴奏のソロとデュオで構成されていて、これでもか、といった感じの4時間弱で、流石に疲れはしましたが、心地良い疲れではありました。
一昨日の複音ハーモニカコンサートとは、だいぶ趣きを異にしていました。

崎元氏の音色そのもの、音色の芯、音の押し出し、フレーズの強弱等々、ハーモニカ音楽は世界で認められた超一級。
矢張り、ピアノの音色を凌駕し、その素晴らしさは抜群。
氏の体つき、口元の具合は、まさに、ハーモニカ仕様にカスタマイズされた感じです。

伺うに、出演された『仲間たち』は、クロマティック・キャリア4年以上で、複音等の経験をも含めると10年以上のキャリアの方々ばかりでした。
たかがハーモニカ、されどハーモニカで、どこかのキャッチ・コピーではありませんが、「6ヶ月で吹けるようになる」なんてナンセンス。

演奏の合間を縫っての崎元氏との歓談は、楽しく有意義で、また、お目に掛かることを約束して会場を後にしました。
来年は、演奏家生活50周年の由。
第一人者との話は、大変に刺激的で、大いに勉強になりますし、普段とは全く違う世界が見えた感じです。

お別れの曲は、いつもの『遠き山に日は落ちて』の全員合奏でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎役者の”不倫騒動” | トップ | 責任の所在? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。