渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

「新百合テン・ホールズ」8月深沢教室

2017年08月07日 | 日記
先月頂いた譜面「Yesterday once more」を集中練習。

ブルースはじめ洋楽に多い弱起、休符後の入り方、テンポ・リズムの取り方、曲中、意識すべきポイント・モチーフ等についてが、主たるテーマ。
様々な曲を演奏する際に生きてくるアドバイスや実践的練習。

あと、「Summertime」を先生の伴奏でソロ演奏させて頂いた。
普段の練習時には、暗譜演奏で完璧、ベンドも昔の様に力まず軽く、音色も良しと悦に入っていた。
ところが、いざ吹き出しら、頭に浮かぶ譜面が、ふわふわしていて通常とは違っていて、それを感じた途端にメロディーまで変調。
アドリブのベンドも絡む早や吹きフレーズも変調。
となったら、もう駄目。
とても聴いて頂くレベルの演奏ではなかった。
先生間奏で繋いで頂き、頭からやり直しで、何とかエンディングまで辿り着いたが、どうして一回目からスムースに出来ないのか、腹立たしい。

私の場合、「初演」は、大体、ずっこけるもの。
本人は、「行ける」と思っても、「生煮え」みたいなものなのでしょうか。

何が原因かの反省は、傷口に塩をすり込む様な作業で、楽しい音楽の筈のところ、気まずくなるもの。
従って、良し悪しは別に、原因究明もさることながら、これを梃子に、一曲4分弱の演奏の練習に更に没頭。

来月、リベンジだ。

あと、暑気払いもヤケ酒気味で、やや飲み過ぎ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は「枯葉」 | トップ | 自治会館改築に向け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。