渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

新百合テン・ホールズ、4月例会

2017年04月03日 | 日記
先月の先生の模範演奏をベースに、『追憶(The way we were)』をハープC、1st position での演奏。
音楽としてのハープ演奏の視点から、配慮すべき色々な点を多角的にアドバイス頂いた。
帰宅後、特に、『溜め』を意識しながら、2nd position で集中練習。

評価の高い先生の『音色の良さ』と『安定感』は、圧倒的で、魅力的です。
是非共、先生の『音色』のコピーを目標に、先を急ぎます。

ポジション奏法の話は、なかなか理解し難いところがあります。
ご多聞に漏れず、判っていたつもりが、全く理解出来ていなかった点、誤解していた点など、可なりクリアになった。
当然と言えば、当然の『なぁ~んだ』と言う話ですが、何故、すんなりと理解出来なかったのか、そのこと自体が不思議なくらいです。
これ程、理解に手こずった経験は、これ迄の人生の中で、ほとんど記憶にありません。

最後に『Danny Boy』の模範演奏がありましたが、定番曲に再挑戦です。
先生流のDraw Bendについての、練習法アドバイスがあり、皆、持ち帰って実践。
先生の3番Draw Bend の音色は、艶っぽく魅惑的ですね。
どうしても、模倣したい。
私のBend は、まだまだ発展途上で、4・5合目、といったところと再認識させられた。
一時期、韓国のクロマティック奏者の『Danny Boy』に入れ込んだものです。

先日の「路上ライブ」でも感じたのだが、私なりの『吹いてみたい曲一覧』約300曲で、最早、ネタはおおよそ出尽くした感あり。
『Danny Boy』も、そうだが、今迄、がむしゃらに新しい曲に取組んで来た状況から脱して、これからは、曲を選別、大事に仕上げる方向へ転換しようと、意を新たにした。
その意味でも、素人だけでの仲良し同好会には限界がありそうなので、先生の例会でのご指導は、暫くの間は欠かせない。

予め電話を頂いた見学者がありました。
全くの初心者とのことで、付いて来れるか心配していましたが、「最初は、皆、初心者で、似た様な経験をして来ました」と申し上げておきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い掛けず路上ライブ | トップ | 「第3回かわさきハーモニカの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。