渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

『新百合テン・ホールズ』 Workshop

2017年05月17日 | 日記
来春、実施の方向で企画書を纏め上げてみました。

昨年2月に、川崎市アートセンター3Fコラボレーション・スペースを使わせて貰い、自主企画のテン・ホールズ・ハーモニカ演奏会を開催しましたので、大変良い経験となっています。
正直、演奏そのものは、お恥ずかしいものでしたが、2年経ちますので、多少、良い演奏会にしたいし、なる筈です。
約80名の集客でしたが、今度は、その倍にはしたい。

また、あちこちでの複音演奏会やS元先生のクロマティック演奏会、諸先生方のライブ演奏会を舞台裏から、何度も拝見して来ましたので、何がポイントで、どんなことに注意し、配慮しなければならないか承知しているつもりです。
『かわさきハーモニカの集い』にも出演は見合わせていますが、事前打合せ会・事後反省会には出ていますので、一応ポイントは押さえております。

無論、F沢先生の全般ご指導を願うつもりで、先日の月例会で、既に企画アイディアをお話してあります。
学友の大澤弁護士にも、趣味の『篠笛』演奏で、ゲスト出演を頼もうと密かに考えています。
また、大好きなホルン系ハーモニカのO竹先生にも、再び演奏をお願いしたいと思っており、先日の「川崎ハーモニカ音楽祭」でお目に掛かった際に、打診済みです。
メンバーには、1人最低3曲は、演奏を楽しんで貰いたいと思っています。
ただ、時間的な制約で、近隣の複音グループはお招き出来ない感じです。

MCは、川崎で活動するお気に入りのプロがいますが、謝礼が十分出せないので、女医で趣味のドラム演奏をしている次女に頼むか、思案中だが、家族を巻き込むのは嫌ですね。
サプライズ企画もありで、休憩を挟んで3時間程度で仕上げたい。
来月月例会で、企画書を先生とメンバーに見て貰うつもりです。

いよいよ動き出しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Besame Mucho | トップ | 3穴ベンドのロング・トーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。