渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

メダカを求めて

2017年07月15日 | 日記




何年も前からメダカを飼っているが、最近は、上手く育てられない。

メダカの寿命は、長くて2・3年。
上手く世代交代をさせて行かないと、購入・補充しない限り、メダカの数を維持出来ない。

以前は、上手く回転出来た時期もあったが、ここのところ上手く廻っていない。
メダカの稚魚を『針子』というが、孵化直後は、針の先っぽの様に細く、小さい。
夏の終わりに生まれた針子は、上手く厳冬期を乗り越えられないケースも多い。
冬を越せたらしめたもので、翌年には、ぐっと大きく、とは言え2~3cm程度の成魚になる。

今年は、春先に新たに購入した10尾から始まり、水質悪化、病気?で2・3度購入も全滅。
1尾¥40程度の普通のメダカから1尾¥1,000弱のメダカまでいろいろと買ってみた。
メダカなんて、黙っていても育てられるものと思っていたが、結構、ポイントを押さえて飼わないと、維持出来ない。

いつも購入する3か所のペットショップでは、飽き足らず、江戸川区の金魚・メダカの専門養魚場まで出掛けた。
電車で往復3時間。
金魚の様な色合いの養殖メダカを購入。

既に何日も前から、大きな睡蓮鉢、用具等、きれいに掃除、天日干し消毒。
水草等はすべて新しいものに入れ替え。
入居待ち状態が漸く解消。

どうも、テン・ホールズ・ハーモニカ同様、病気の一歩手前?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ始動、テン・ホール... | トップ | 岡本太郎美術館レセプション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。