渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

横綱・稀勢の里

2017年07月15日 | 日記
今年、劇的な2場所連続優勝後、2場所立て続けの途中休場。

怪我で已む無いことだが、『無事、これ名馬』じゃぁないが、多くの相撲ファンの期待を裏切らない様、土俵を務めて欲しい。

今年の初場所で優勝、待望久しい日本出身横綱の誕生に国中が湧いた。
私は、稀勢の里の相撲の強み・左指しを否定はしないが、横綱としては「腰高相撲、相撲の型なし」で通を唸らせる様な内容ではないと感じ、横綱への推挙は、もうひと場所でも様子を見るべきだと主張したものだ。

思い掛けない怪我に怪我で、状況は暗転してしまっている。

同じく途中休場の小兵横綱の鶴竜にも頑張ってほしい。
三役下っ端時代、なかなか見事な相撲を取っていて、好感のもてる人柄と相俟って後援会に入りたいと思った程。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡本太郎美術館レセプション | トップ | 『ラテンの夕べ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。