渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

深沢教室11月練習会

2016年10月30日 | 日記
1週間前倒しの例会でした。

全員での音出し練習は「遠き山に日は落ちて」で、縦線の揃いや音色、強弱の付け方は、先生のご指導の賜物、なかなか上手いのもだと、自讃、笑顔がこぼれました。
気持ち良い訓練でした。

ショパン作「別れの曲」をベースに「運指の形」をハープに置き換えての実戦練習は、大変興味深かったです。
上手く表現出来ませんが、音符を追って音出しに拘るのではなく、小節単位で捉え、曲の流れに沿って体で覚えた息の吹き吸いとそれに連なる音出し、穴の移動時に音が途切れない事、そして、そこに咥えたハーモニカがあるイメージは、多くの曲の演奏にとって応用の効く大事な基礎練習と感じた。

また併せ、Draw Bend の深沢式実戦練習も開始。
4穴中心に、「吸って」、「吸って」、「吹いて」の繰り返し、音が下がるのを実感、そのコツを繰り返す。
Bend の習得には、時間が掛かるでしょうが、練習を重ねることで、無理のない最終形に刻々と変化・進化して行くことを実感しています。
「音楽を創る」テン・ホールズ・ハーモニカの在り様は、勉強になり、納得の2時間でした。

メンバーの気持ちも揃い、先生の「音楽観」「ハーモニカ観」も浸透して来ましたので、来年秋の演奏会「第2回新百合ヶ丘ハモニカ・フィエスタ」の具体化、出囃子の検討、先生を招いての定例会以外に、最低月1回の自主練習会実施の検討等も、早急に詰めて行きたいところです。

いつもの様に、新しいハープとの出会いと楽しい時間を、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅見教室10月練習会 | トップ | 過労自殺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。