渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

第4回小田急・横浜沿線 複音ハーモニカ コンサート

2016年09月15日 | 日記
       

今日15日(木)12:30開演、途中休憩15分を挟んで、16:00終演と、ほぼスケジュール通りの演奏会運営でした。
客席300席の3分の2程度が埋まっていました。

全11グループ39曲に加え、田辺・日本ハーモニカ芸術協会理事長の模範演奏2曲+アンコール1曲。
39曲中、7曲が独奏で、他32曲が全員合奏。

良くあるパターンで演奏に変化が乏しかったものゝ、曲目が重複せず、多くのジャンルから選曲した為か、退屈しない3時間30分。
それでも最後の30分位は、聴く方もお疲れ気味でしたので、矢張り長くても3時間どまりの感を強くした。

5点法で採点してみましたが、6グループは、5点若しくは5点弱、他5グループは、1点から4.5点まで。

演奏の良し悪しは、私が意識するところで、概ね、音に濁りがなく透き通っていたか否か、特に高音部の音がキチンと出ていたか否か、音にメリハリや切れがあったか否か、、音が小さく籠らずに前へ出ていたか否か、音の粒が揃っていて合奏を意識させない演奏か否か、フレーズの強弱が明確か否か、テンポ・リズムは良かったか否か、といった点です。

JBHCで課題として取り上げている、Backing や Obbligatoの楽しみ方は、複音にはないのでしょうか。
多くの複音演奏会を見て来ましたが、皆無でした。

最後、2曲、赤とんぼとふるさとを舞台では出演者が演奏、客席では観客が唄うスタイルでしたが、観客にもC調を持参させて、舞台・客席一体となって、演奏し唄う方が、更に素晴らしいコンサートになった筈です。

田辺先生、梁瀬先生、関川先生、いくつかの知り合いグループの世話人、今企画実行委員長にご挨拶し、会場の鶴川ポプリホールを後にした。

この演奏会を3年続けて見て来ましたが、着実に腕を上げて来ているグループがあったのは、凄い。
我々『新百合テン・ホールズ』も頑張りたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バスの中でのテン・ホールズ... | トップ | 歌舞伎役者の”不倫騒動” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。