渾沌滅七竅

生命ある無秩序を愛する渾沌。

テン・ホールズ・ハーモニカの2nd position

2017年03月21日 | 日記
何故だか、最近になって漸く、曲キーとハーモニカ・キーとの関連が、極めて身近に感じられる様になった。
痒いところに手が届いていない感じだったが、先生のある話で、すっきり氷解、今迄、何だったのか不思議だ。

今度は、逆に、あの曲もこの曲も、原曲キーが何であれ、自分流に高くしたり、低くしたりする。
その上で、曲キーに繋がる完全4度上、或いは、完全5度下のハープ・キー、即ち、2nd position のハーモニカを使って吹く様に試してみる。
ノーマル、というかスタンダードというか、通常チューニングのハープで、トライし、更には、3穴吹音を1音上げた、所謂、パディ・リヒター・チューニング、或いは、カントリー・チューニング、更には、メロディー・メーカーを使って吹いてみる。
無論、ハーモニカ・キーから見ることもない訳ではないが、曲キーの設定から入るのが自然な様だが、行ったり来たりする。

ただ、まだ、良く判らないのは、Summertime 曲キーDm をハープCで吹くと3rd position、Am をハープCで吹いて4th positionと言うことのようだが、長・短音階を並べ、楽典に戻ってみたい。

聴く方々の状況や自分自身の気分や体調に応じて、ハープを使い分け、曲の雰囲気等で、場合によっては、1st positionにも戻る。

吹音と吸音が逆になるので、無段階に音を曲げられ、所謂、ブルージーな音・ブルーノートやフェイクが生かせたり、テン・ホールズ・ハーモニカの良さ・特徴を存分に発揮出来る。
腕の程は、兎に角として。

そんなことで、最近は、どんな曲でも、2nd position に徹底的にこだわっている。
また、意味のない遠回りをしているか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルースハープのリード | トップ | 路上演奏への挑戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。