元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

※かまども色々※v2

2017-07-13 06:00:00 | さとぴょん

かまどの種類の色々

一人、複数の人数、短期、長期の野営、立地等色々な場面にあったかまど作りを考えてみよう
ローインパクトなキャンプを心がけながら

3点かまど/最も簡単にできるかまど

【作成条件】とにかく簡単にかまどを作りたい人向き
【作り方】
1.ほぼ同じ大きさの石か、または金属製のぺグを使って 3 点で容器を支えるだけ。


石組みかまど/かまどの中でもっとも一般的に使用されています

【作成条件】大きめの石があるサイト向き
【作り方】
1.石は大きめで積みやすいものを選び、濡れている石や砂岩は使ってはいけない割れることがある。
2.風上以外の三方向に石を積んで壁を作りる。
3.石の隙間に小石を詰めて熱効率を考える


ハンターかまど/カナダや北米のハンターやきこりが用いているかまどで、別名ハンターのたき火と呼ばれています

【作成条件】大きめな丸太があるサイト向き
【作り方】
1.2本の大きな丸太を風の方向と平行に並べ、両方の丸太の間に火を燃やす隙間を作り。
2.バーをかける仕掛けは、二股になった木の枝や、2 本の枝をX状にして針金で固定した物を土に埋め込み。
3.コッフェルを火にかける時は、火の真上より風下側にかけたほうが熱効率が高い。

トレンチ型かまど

【作成条件】石や丸太のないサイト向き。スコップが必要です
【作り方】
1.幅30~50cm、長さ40cm、深さ30cm位の四角い穴(トレンチ)を風の流れに平行した方向に掘る。
2.風下に炊き口として地面から掘った穴の底辺に向けて斜めに掘り下げ。
3.掘った土はトレンチの両側に盛り、バーをかける台にする。


立ちかまど

【作成条件】本格的な料理を作る時や、長期滞在者向き。材料と労力が必要です
【作り方】
1.三角屋根の形状のように、やや太めの木を使って組み、地上から 30cm 上に丸太を並べた台を作り。
2.この台の上に土を盛って、火床を作くる。
3.直火ではないので自然には優しい、かまどの移動も容易

壁かまど

【作成条件】壁や斜面のあるサイト
【作り方】
1.斜面が風除けになるように斜面に穴を掘る。
2.ハンターかまどのように、二股になった木の枝や、2 本の枝をX状にして針金で固定した物を土に埋め込み、バーをかける仕掛けを作る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ※固形燃料・アルコールバーナ... | トップ | ※野営地を選ぶポイント※v2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。