広島の板金塗装屋ブログ

有限会社 ボデーショップピオ

無料見積り承り中!!

お車のことなら何でもご相談下さい!

ブログ始めました。

2021-12-27 | 会社紹介

広島市で板金塗装をメインに経営しております。

名 称   有限会社 ボデーショップピオ 

住 所  〒731-0212 広島県広島市安佐南区八木5-5-5

TEL・FAX  TEL:082-873-5221 FAX:082-873-3154 

業務内容  各種自動車の板金塗装・整備・車検・保険・販売  

        ETC、ナビ及び各種オーディオ機器販売・取り付け  

 

      ホームページもやってま~す。

          http://www.bspio-car.com/ 

      http://www.ipcon.sakura.ne.jp/                           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社の場所です。

2020-08-20 | 会社紹介


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村ブログランキング広島ブログ 人気ブログランキングへ女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中々作業が進まんねー。

2017-11-13 | 板金塗装

 

傷を付けない様に組むのと、エンジン載せ換えでワイヤーハーネスが違うので

何処に配線を留めるとスムーズとか、取り回しを考えながら作業するので

最初の想定以上にかなり時間が掛かります。

 

 

細かい所だけど、ブレーキやクラッチのマスターシリンダーも外した時

錆で汚かったので黒とメタリックで再塗装してから組付けます。

 

 

パッキン類も気になる所は全て測って作りなおしています。

 

 

この辺りのスポンジやパッキンも同じ様な物を探して全て張替。

フェールホースやラジエータホースの劣化が気になる所も

用途に合った汎用ホース(モノタロウ大活躍www)で交換します。

 

 

エアクリーナーパイプのステー部がエンジンの振動で外れて

大穴が開いていました。溶接してジンクメタリックで補修塗装。

組付け時にステーの間にゴムクッションを噛まして締めれば

振動で再度壊れる事は無いでしょうね。

 

 

フレームはそこそこ綺麗に見えましたが、表を削ると錆でポロポロ色が剥がれます。

最高にやるなら裸にしてサンドブラスト掛けて粉体塗装が一番ですが

ボデーの修復&防錆がメイン作業だし、予算が無限に有るわけではないので、

ある程度まで削り、錆や余分な塗料を落として外板パネルを付けたら

色が入りにくい箇所をエポキシ系の厚塗り出来る防錆塗料で塗装します。

 

 

塗装し終わったフェンダーを取付て、配線やリレーなどを固定したら

やっとエンジン掛けて動ける状態になりますね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スプレーガン!

2017-11-02 | 板金塗装

 

最近よく見かける水色とかピンクなどの淡い色

実は塗装で色をぼかすのが、かなり難しいんです。

何故なら、塗り込んでメタリックがちゃんと並べば

綺麗に白くなるんですが、ぼかす為に少し離して早くガンを動かすと

メタリックが立ってしまいぼかし際が黒ずんでしまいます。

 

 

ここで便利なのが、塗料の霧が細かく細分化して

メタリックが綺麗に並ぶ高級なスプレーガンです。

(※決してイワタの回し者ではありませんwww)

一般的なスプレーガンは2万円位ですが、こいつは通常の

3倍近い価格がします。(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

勿論スプレーガンだけで無く、ぼかすテクニックもいるのですが

通常のスプレーガンで塗装するより、かなり楽にぼかす事が出来ますね。

粗が目立ちやすいボンネットなども、かなり綺麗に塗装出来ます。

昔から良い工具は高いと相場が決まっていますが、

高くても長く大事に使えば、十分元は取れますからねー。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと色が入ったー(^^♪

2017-10-19 | 板金塗装

 

やっと色が入ったー。それにしてもヒダが多くて塗りにくい。

ゆっくりセッティングしながら塗装したので、ガッツリ2時間半かかった。

 

 

載せ換え準備は大体終わりました。外した部品が山の様に有ります。

エンジンをスワップしてなかったら、普通はここまで大変じゃありません。

寸法を測り、ボデーに何カ所も穴を開けたりして

最初より配線、リレーを綺麗にまとめる為に頭をひねります。

写真を撮ったり、メモ書きしながら、配線も何とか外れた。

 

 

タンク外をすのが、一番時間がかかった。

バンド外しても、何処か引っかかった様にタンクが下りない。

ネットで画像を確認しても、留まっている所ははもう無いはずだが、

悩むこと1時間。とりあえず、何処か止まってるかも?と思い。

フロアーの縞鋼板のリベットを全てはずしたら、あっさり外れた??

前に縞鋼板を留めた所が、タンクに穴を貫通させて

リベットが留まっていました。そんなん分かるか―。

リベットの穴は半田で塞ぎ、艶消し黒を塗装しました。

ディーゼルだから、多分これで大丈夫でしょう。

 

 

後はサイレンサーパットの型取りも同時に進行しています。

形が複雑すぎるから、凄くめんどくさい。

手を抜けない性格が災いし、気になる所を新たに発見するので

作業が中々進みません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加