一陽来復~近藤聡彦のファゴットブログ~

ニューヨーク帰りのファゴット奏者による下関音楽日記

新春リード作り初め

2017年01月04日 | リード
明けましておめでとうございます
今年もよろしく

久々に穏やかなお正月でした
さあリード作り初めするかな

先ずは、年末に組んでドライングボードに立ててあったブランクを糸巻き。
そういえば29日のリード講習会の時、N君が糸を巻いたら、
ブランクがマンドレルから(2本も)抜けなくなって、
止む無く糸玉を解いて外しました。

彼は渾身の力で、糸をギュウギュウ引っ張って巻いていて、
彼の手には立派な「糸巻きダコ」が出来てましたよ
いやいや、僕も緩まない程度には引っ張るけど、そんなに力入れてないから

ワイヤーと糸で、ただでさえチューブ部分には強い圧力がかかっていますが、
ケーンは柔らかいので、力を加えるほど、いくらでも縮んで細くなってしまいます。
リードは完成に近づくにつれ、張力を得る為にワイヤーを締め直したり、
チューブを丸めたりして細くなるので、最初から細いブランクを作ってしまうのは避けたいところ。
緩くいきましょうよ

さあ、明日からどんどん削んなきゃな


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ファゴットリード講習会」... | トップ | 「ベートーヴェンらしさ」って? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む