白山市でひとつ。あいさつ、後片付けなどしつけ子育てしっかり、こどもの笑顔サポート!こちら、ボーイスカウト松任第1団!

白山市でひとつ!子育てしっかりサポート。ボーイスカウトは楽しいゾ!年長さん、小学生からのいろいろ野外体験。成長のお手伝い

豊かな発想は体験から。主役になれるように経験を増やしましょう。

2014年08月26日 | 子育て、こどもの笑顔サポート情報


桜の伐採した小枝をいろいろな工作に使えるように太さごとに切ったものです。

子どもの発想は、体験経験で大きく変わります。

最初は真似ることから、それが学ぶということです。

そのためには、大人がきちんと体験の目的をもって学ばせる(真似して体験)こと。

いきなり伐採した木を見て、何かを発想はできません。

見本、手本があって、作る順序も理解して、正しく道具も使っての体験があってこそです。

出来上がったものが簡単なことも「企画→段取り→実施→反省」という要素が含まれています。

大人の視点でなく、子どもの視点に立って考える。

集中力、観察力などを養う、五感を使って発達を促す。

年齢にあわせて、いろいろなものが作れるようになります。

ボーイスカウトって!?そんな五感体験を繰り返して、

小枝の工作も小枝鉛筆、組み合わせ工作、バードコール、バターナイフ、笛などいろいろできるようになります。

大人が出来上がったものを子どもに与えるのは、簡単です。

子どもの感動は薄いですね。またもらえる感覚。自由な発想も何も養われません。

保護者が手を出して大人の自己満足になっていませんか?

手伝うのは、見本を見せるだけ。やってみせてですね。

そしてわかるように説明言って聞かせる。「ね!できるよ」です。

子どもに、すごいって言わて、自己満足?逆でしょう、子どもに出来たら「すごい!」です。

原体験も同じです。


自分で作ったものは、いつまでも置いてあるケースは、そのときの体験経験がよみがえるものです。

工夫も生まれます。根気も努力も必要。

あきらめることは簡単、大人が作ったものをもらうのは簡単です。

何もしないでただでもらった子どもは、無くしても傷んでもまたもらえるからいいじゃんと考えるものです。

それでは、子どもの発達に何もなりません。

子どもが主役です。

鉛筆を削る 五感の発達の記事もお読みください。http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/fd86cbbe6eedd0eed685e792469ec519

 
上の画像をクリックで、各ページが開きます。

活動予定はこちらの画像をクリックしてください。キミが主役になれる日!?
 
 
見学体験もお気軽に問い合わせください。
-------------------------------------------
ボーイスカウトって!? 
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/c/2fa214486fbb45af1cb78d617df85b2b

動画でも「ボーイスカウトって?!」がご覧になれます。
http://blog.goo.ne.jp/bsmatto/e/443bb49ab7ec19f51ae578236989fd99
 
あいさつ、後片付け、しつけなどお困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。
------------------------------------------
白山市でひとつ、ボーイスカウト松任第1団では、何でも楽しみながら体験。

活動参加ご希望の方、あいさつ、後片付け、しつけなどのお困りの方は、入団案内所へお尋ねください。

主な活動拠点は、松任文化会館とおかりや公園です。

------------------------------------------ 

Facebookページ「白山市で子育て、こどもの笑顔サポート!こちら、ボーイスカウト松任第1団!」でも紹介しております。
白山市の方は、Facebookページご訪問いただいて、「いいね」をいただけましたら幸いです。   
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
バターナイフ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ★9〜12月の活動予定ご案内。キミ... | トップ | 20140830-31団キャンプ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL