BS・・もとい! VS隊長な日々

ただの保護者だったのにいつの間にやらBS隊長3年を経てとうとうVS隊長。
愚痴や独り言が満載

スカウト活動のPR

2007-02-15 10:28:29 | ボーイスカウト
活動のPRについてよく言われることは
「制服を着た日ごろの活動そのものがPRである」というのがあります。

まさにその通りで、例えば駅頭で制服を着たスカウトが募金活動をしていれば
それはそのまま活動内容の広報になります。

公園などで制服を着た(特にCS,BVS)スカウトがなにやら楽しそうな活動を
していれば、その場に居合わせた子供連れの方々は興味をひかれることも
大いにあるでしょう。

バザーや地域の行事で模擬店を出していればそれだって広報活動になっては
いるのです。

しかし、ここで考えてみるとこうした広報活動で伝えられる内容とは
いったいどんなものなのでしょう。

募金活動は非常に端的に内容を伝えられている、と思われますがそのために
「ボーイスアカウト」というと「募金活動などのボランティアをする少年団体」
と(だけ)認知されている傾向も同時にあるのではないでしょうか?

活動の中にいる方は十分にご承知の通り「募金活動や奉仕活動」はこの運動の
いくつもある側面のなかの一つに過ぎません。 それ自体が目的の団体では
ないのです。 

あるいは公園で制服を着た成人が幼年の子供を集めてなにやら楽しそうに遊んで
いる、アウトドア型の託児プログラムなのかな? といった誤解は往々にして
発生するところです。

活動自体がコマーシャルといったところでBS年代以上になると野営場や
人里はなれた場所ならいざしらず、街中では制服を着てくれません。
(このことの是非は別の機会に) ですから活動が広報だとしても上記の
ような偏った、あるいは誤解のもとになるような広報活動が行われている
可能性があります。


スカウト数を増やす、もっと穏当な表現を使えば社会にこの運動を認知して
もらい有用性を理解してもらう為にはどんな広報が必要なのでしょうか?


うちの団で団行事の際にBSの1級や菊スカウト、VSスカウトが司会進行をしたり
ソングリーダーをしたり、国旗掲揚をしたり、という機会を前BVS隊長はBVSの
保護者に見せる機会をできるだけ作るようにして下さっていました。
そのときにこの前隊長は保護者に「彼らが完成見本です」という表現で説明
されていました。
「完成見本」とはまたなんとも面白い表現ですが要するに、この活動を通して
お宅のお子さん達があのような少年になっていくことが期待できますよ。 と
いう意味です。 ですからこの見本たるBS,VSスカウトの有り様は大変重要なの
ですが・・・。

この活動に参加することで自分の子供がどのように育っていくのか、そして
その延長としてどのような人物像を期待できるのか、という部分を周知する
ことが実は非常に重要な意味を持つのだろうと思います。

そうした意味ではスカウト出身の有名人などの情報も有る意味でもっと
知らせてもいいのかなとも思いますが、こうした情報の提供はBSA(アメリカ連盟)
が非常に巧いです。 活動への呼びかけで「あなたはご自分のお子さんを
(人生の)成功者にしたくはありませんか?」 と投げかけます。
あからさま、と思う方もいるかも知れませんが、(establishment を成功者と
約すことの是非はあるかもしれません) ある意味でこの運動に参加した場合の
10年後、20年後、30年後をイメージさせる非常にインパクトのある誘い方です。

そして、その広報活動でTVCMを流しています。 お金のかけ方が違うと言って
しまえばそれまでですが、またこのCMが本当によく出来ている。
見ているだけで、子供の親として思わず入団届けにサインをしてしまうような
魅力があふれています。

そのひとつが東村山6団BS隊のブログで紹介されていました。

http://www.youtube.com/watch?v=dNq6WsYIAFI





映画にもなった「アポロ13」のジム・ラベル船長の話しです。
映画ではトム・ハンクスが演じていました。 本来なら人類5人目として
月面に降り立つはずだった彼の乗った宇宙船が酸素タンクの爆発という
事故により生還が危ぶまれる事態になりましたが、ボーイスカウトで
体得したリーダーシップとサバイバル技能が大きく役に立ちクルーを生還に
導いた、とコマーシャルでは説明します。
そして、宇宙服をバックに「彼がこの制服を着るずっと以前に着ていた
制服があります。 それがこれです。」 宇宙服はフェードアウトし
メリットバッヂやアワードのいくつもついたタスキを欠けたボーイスカウト
の制服が現れます。 そして最後に画面が消え文字が現れます。

  ジム・ラベル
  アポロ13号 船長
  イーグルスカウト ボーイスカウト第60団


ひとつのコマーシャル作品としてみてもすばらしく格好いいし、また
日本で活動している我々でさえボーイスカウトに関わっていることを
誇らしく思えるような作品です。

私だったら思わず息子をいれてしまいそう。


他にも「ちかいとおきて」に焦点をあわせたCMもありました。
スカウトは従順(素直)である、 今日本のちかいとおきてでは12項目が
8項目に減ったためになくなっていますがBSAではまだ「obedient」 として
のこっています。 これを日常で「どうってことないよ」と当たり前のこと
として実践しているスカウトを画いたものもありました。

http://www.youtube.com/watch?v=ZXdSWVnz_W0


他にもいろいろとあります。
Youtube で検索してみるものも面白いでしょう。

こうしたCMが伝えようとしている中身をなんとか周囲の方々に伝える
方法はないものか、と考え始めました。


VSのプロジェクトとしてビデオクリップを作る、というのはどうでしょうか。
うまいこと出来たらそれこそYoutubeやgoogleにアップロードしたら少しは人の
目にふれるかもしれません。


・・・と、ここまで書いて一度アップしたのですがよくよくYoutubeを検索し
てみると(boyscout ではなくボーイスカウトで検索したら) いくつも
アップされていました。 これはユースチャンネルの関係者がアップして
下さったものかもしれません。 2編が昨年日連が配布したボーイスカウト
活動のPR用DVDを分割してアップしたもので、あとは東京連盟のRSが
実施している100キロハイクの様子をアップしたものでした。

これはこれで非常に楽しいし活動の様子を周知する、という意味で非常に
有効なのですが、どちらかといえば活動内にいる方に向けての発信のようです。

日連のDVDは外部向けのPRですが活動の断片をむりやり切り取ったようで
活動の中身を垣間見ることはできても、この活動の効果、成果、結果、といった
保護者が知りたくなるような情報はあまりはいっていないのが残念です。

やはり作るしかないのでしょうか・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地区行事への参加 | トップ | 暖気運転 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完成見本 (Iインストラクター)
2007-02-15 13:28:21
完成見本っていい表現ですね!

私も前のボーイ隊のときBVSやCSの保護者にそれに近い言い方はしましたが、「完成見本」っていうのは、いいと思います。



良い完成見本を作り上げましょう!



VSのビデオクリップって楽しそうですね!

私もお手伝いしますから、やりましょうよ!

Unknown (とーま)
2007-02-15 20:45:14
記事にとりあげていただいて感謝です。東村山6団のとーまです。

bskurosanさんのおっしゃるようにBSAのCM動画を見ると「外へ向けた」アピールというのが非常にうまいと感じます。比べると日本のCM動画としてアップされているのは、私が見つけたのも記事に出ていた2本だけ。さみしいですね。

また、別のアプローチとして個人の作品としてのスカウト活動の動画というのも数多くありました。玉石混交ですが、こういう形での発信もあるんだなと感じました。

今後もブログのほうで紹介を続けていきます(若干おちゃらけ方面に偏りますが…)。お楽しみに!

ボーイスカウトは格好よくないとね。 (bskurosan)
2007-02-15 22:37:13
Iインストさん。 MIXIに書いてたSDカードに記録するタイプのムービーカム、お持ちなんでしょうか? あるいは購入予定?
是非、ビデオクリップを作るようになったら貸してくださいね。 

もしスカウトがやってみよう、ってなったらテーマ決めてコンテつくって絵コンテ書いて撮影して、PCでイフェクト処理して・・・・なんか面白そうです。


とーまさん、いらっしゃい。
勝手にTBして申し訳ない。 CMのあまりの格好よさに勢いでこの記事を書いてしまいました。 
今後ともよろしくお願いしますね。

東村山6団というと去年の夏までCSの副長さんで今期はBSの副長さんになったかたが私のマイミクさんだったと思うのですが。

なにか面白いムービーが見つかったら教えてくださいね。
Unknown (とーま)
2007-02-16 23:55:42
>東村山6団というと去年の夏までCSの副長さんで今期はBSの副長さんになったかたが私のマイミクさんだったと思うのですが。

「かずひこ」副長ですね。昨年秋からBS隊の副長として非常に精力的に参加してくれています。今は再来週に控えたハイキングの計画作りにいそしんでいるはずです。カブ副時代にブログをやっていたとは聞いていましたが、mixiもしているとは知りませんでした。今度マイミクにしてもらわねば…

脱線内容で失礼。またブログ楽しみにしています。ではでは

PRってむつかしい (つる)
2007-02-17 18:11:33
こんにちは、mixiの足跡からやってきました。

ブログは別ルートで見させていただいていたのですが・・・

ボーイスカウトのPRって難しいですよね。
確かに一面だけがピックアップされるんで。
やっぱり、一貫した教育運動だから、途中途中の結果をアピールしにくいのかな・・・

ご紹介の映像を見ました。
かっこいいですね。

日連でも、翻訳版を作ってくれないかなと思いました。

コメントを投稿

ボーイスカウト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。