BS・・もとい! VS隊長な日々

ただの保護者だったのにいつの間にやらBS隊長3年を経てとうとうVS隊長。
愚痴や独り言が満載

ボーイスカウト活動の行く末

2007-05-27 12:14:56 | ボーイスカウト活動の行く末
昨日地区のRTで新任のコミから日連のこの活動組織の変更の方向
が告知されたらしい。

私は隊会議の予定があったので参加できなかったのですが隣の団
の隊長が内容をMIXIで教えてくれた。

もうずっと以前からRSが廃止される、という類のうわさはあった
し昨年くらいからはそれがまことしやかにささやかれるケースも多
かった。

これまで私が聞いた噂話のたぐいは

1.2年後くらいにはWBのVS課程もRS課程もなくなるから今のうち
  にいけ。

2.登録人数確保のためにBVSを一年前倒しで年少から受け入れる。

3. RSを廃止してVSを20までにする。同時にスタートを今の中3秋
  から高1秋に引き上げる。

4.3への対応としてBSを一年後ろまで引っ張る。

5.VSとRSを統合してエクスプローラーとしてユースプログラムを
  一本化する。

すべて真偽は不明でしたが

今月号のスカウティングにはRSを全国組織に統合する、という方針が
のっていてちょっと??でした。

昨日の日中に隣の連盟の隊指導者と話ていたら連盟の上のほうの話と
してBVSの一年前倒しは見送り、との話。


そして昨晩のRTで公式に地区コミの口から

1、BSとVSの統合
2、統合されたBSの後半年代で「より高度なプログラム」を展開
3、RSは団から切り離して全国組織として再統合

との方針が伝えられたそうである。


こうした話は本当に噂のレベルの情報が飛び交って、最終的に
ボツになる話も多いし、あるいはある日いきなり決定事項として降り
てくるケースもあるので、「方針」ではなく「決定」としておりて
くるまではなんともいえないものではあるが・・・・・・


それにしても、である。



はっきりと言うが、私は大反対である。


理由はこの転換が現状のボーイスカウト減少、ユースプログラムの
衰退への処方箋になるとはすこしも思えないからである。


BSとVSを統合する、というのは年代から考えるとその案のベースは
明らかにBSAのTroopにあると思われる。
Troopは通常ボーイ隊と訳されるが実は少し違う。
10~17才の隊で(学年終了や登録実績で少しだけの調整代はある)
年齢幅が広い。 そこで14歳以上についてはその隊の中でOA訓練
(over the arrow)終了などを条件に高度なアドバンスプログラムを
展開することができるようになる。 そしてこのアドバンスプログ
ラムのなかでかの「イーグルスカウト」を目指すことになる。
だからよく言われる「イーグルスカウトはBSAのベンチャー課程での
章」というSAJの富士章に対比させた説明はすここし正確ではない。


そしてBSAのおもしろいことはこのTroopの後半年代とだぶる年代
に対して15~20歳の組織としてVentureが組織されている。
この「ベンチャー」は制服もTroopとは異なり、プログラムもアワード
も違う。 だから正確にはBSAのベンチャーにはイーグル章は無い。
ブロンズ、ゴールド、シルバーというアワードを(なぜかシルバーが
最高位)めざして活動する。
おもしろいことに敬礼もスカウトサインもいわゆる「三指」ではない。
5指で親指をやや離す。 そして手全体でV字を形づくる。


つまり有名なアンノウンスカウトの話はこのスカウトがTroopの
メンバーであったから成立するのだがベンチャー出身であったなら
スカウトサインが違っていたので成立しなかった可能性がある。

ともあれ、こんどの日連のBS,VS統合の話はこのTroopをモチーフに
していることがまちがいなかろう、と思う。


しかしこうした年齢枠をまねしたからといって加盟員が増え、
活動が盛んになることなどありえない。


BSAが多くの加盟員を今なお抱えているのはオフィシャルでこそない
ものの準国策としてさまざまなレベルで国のサポートをうけ、社会も
その活動出身のものをきちんと評価していること。 
(今でも軍や宇宙飛行士には多くの出身者が高い地位にいる)

社会として寄付行為が広く普及しておりそれによって潤沢な資金を
集めて全米で1800人を超える有給のプロのスカウターを有して
活動レベルの維持に努めていること。

さらにこうした資金をつかって多くの活動のリソースを持っている
ことなどが理由となっている。


今のSAJの各部門の年齢配分は私は非常にうまくできていて
個々の例外に対するアロウアンスは検討する余地があるものの大筋
では問題のないものでそれなりの合理性があるものと思っている。

いまのSAJの活動の問題点はこうした年齢枠などではなく
それぞれの部門に求められる目標に対する活動実態を確保できない団、
隊個々の問題であり、極論すれば仕方の無い現実はあるとはいえ要す
るに各部門の目標に対してミートした指導者を確保できていないこと
に起因する。


受験や部活などスカウト関係者だけではどうしようもない社会要因も
ないではないが、それを理由に自らの資質と姿勢を省みない指導者層
にこそ問題の根があることは心ある人たちは皆知っている。


そして、今SAJ(日連)が目指す年齢枠の変更などを実施したところ
でこうした部分が自動的に変わるわけではない以上、処方箋にはなる
筈がない。

比較的近い過去の話でいえばSS課程がVS課程に変わったさいに
SAJはSSはVSに発展移行した、という表現を使っているそうだが
現実にはねらった成果を挙げていないことは誰が見ても明らかである。
しかし、この原因はVS課程の考え方やプログラムが間違っていたとは
私はまったく思わない。 むしろ非常によくできた、これからの社会
人として担ってほしい役割にふさわしい資質を高めることのできるよく
できたプログラムであるとさえ思っている。

つまり問題はそのプログラム自体にはない。
このプログラムの真意と重要性をきちんと理解しその趣旨にそった
隊運営を実行できるだけの行動力と見識を備えた指導者が期待した
だけは存在しなかったことにこそ問題がある。

その指導者をどうするか、は確かに大きな課題だがその課題への回答
に「各部門の年齢枠を変更する」ことがなるのか、といえばなんの
意味もないことは文章の論理性からも明らかである。


いやな言い方をあえてするが
BS,VS,RSの年齢枠を変えて離散集合をさせたところでいまの
ダメな指導者が心を入れ替えるわけではない。


たとえ現状がどうであろうと本来の課程の活動趣旨を理解し
その趣旨にそってよりよき社会人の養成の徒についているVS隊が私
のまわりにもいくつかある。 おそらく全国的にはたとえ多い数で
ないとしても確実に存在する。

そうしたビジョンをもって奮闘しているVS隊にとって今回のSAJの
方針は迷惑以外のなにものでもない。


「人が必死にがんばっている足元を横からヒックリかえすな!!」

が私の感想である。


時間も予算もかけてグにもつかないアンケートを全国規模で何回も
実施して、何年もゴネゴネ検討した結果が今回の方針であるのなら、
すくなくとも「組織」としてのボーイスカウトに何かを期待するのは
もう難しいのかもしれない。



日本にも兵庫に2隊あるというSAJ→WOSMに属していない独立系の
ボーイスカウトのような歩みがにわかに気になってしまう今回の話
である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンバーガーの味 | トップ | ボーイスカウト活動の行く末... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (こがっち)
2007-05-27 16:39:32
この話の火元(mixi)の者です。



携帯では指がつりそうで、書ききれなかった事を見事に書いて頂き、スッキリしてます。



また、考えが同じだった事も「やっぱり☆」って感じです。



今は、目の前にいるスカウトのために一生懸命になるしかないなぁと思ってます(T_T)
何をシタインだろう? (Iインストラクター)
2007-05-27 17:19:17
>kurosanの言うことは、そのとおりと思って読みました。



しかし、私が一番気になったのは、SAJのなかの、こういう変革を考え出した人たちは、どんな結果を見込んで、想像、想定して言っているのか?ってことです。

これだけの変革を言うのであれば、現場の指導者を納得させる、将来の結果が見えているから言っているのでしょう。

大切な子供たちを、育てる運動である以上、やってダメなら…ではスマナイですよね!



kurosanも言われるように、SSからVSに移行する時も、現在の状況がどうであれ、必ず良い結果が得られるという想いがあったはずです。



今回もあるはずの、その想いを私たち指導者に聞かせて納得させることが出来るのか。



無理でしょうけどね!
RSネットワーク・BS/VS統合 (越智栄史)
2007-05-27 19:41:51
今晩は。bsy-87越智です。

この話は土日にあった全国大会で紹介されましたよ。
たまたま、私の出席したテーマ別集会は両方ともこのテーマでした。
教えてください (ぬまた)
2007-05-27 23:05:13
越智さん

> 私の出席したテーマ別集会

どんなお話だったのでしょうか?

議論の詳細までどこかで発表されるといいのですが。
Unknown (はと)
2007-05-28 08:04:56
自分はこの話の概要を初めに聞いたのは 8年前でした
その時は 立場上 ふぅ~ん
それだけ 興味がなかったのか ピンとこなかったのか
ありえないだろう・・ぐらいでした
しかし この話が具体化すると聞いた一昨年 真剣にスカウト及び自分の立場を考える事とし
隊(BVS)の在り方を変えました
そして 自分自身も 無謀と言われつつ VS研を目指すため
勉強しました
8年前にたまたま もらった概要が見つかりましたらまた連絡します
mixi上でも大騒ぎ? (bskurosan)
2007-05-28 09:12:54
>こがっちさん
昨日も地区行事、お疲れ様です。
団総出で見学に来ていた団は承知しています。
残念ですが活動のほぼ全てが団活動になっているようです。
団委員長さんが奔走しておられますが・・・


>Iインストさん
確かにこの変革を企図した方が描いた完成予想図をみてみたいですよね。


>越智さん
私も全国大会での議論の内容が是非しりたいです。
確かにこうした議論の場に出て行って発言することが重要である、というご趣旨にはその通りと思うのですが、SAJがこうした式典のような場で実施することについては現実問題として参加される方が非常に限られていると思います。
実際に今回の全国大会への参加も現場の指導者の方で参加された方はどれほどいらっしゃったのでしょうか?
大半は各連盟の役員さんであったり役職者の方、あるいはOBの方々だったのではないでしょうか?
組織内に告知、周知する場としてはいいのでしょうが議論する場としてはいかがなのでしょうか?
現場の声は反映しづらく、その意味ではアリバイとしての議論になってしまわないか、が心配です。


>ぬまたさん
そちらのブログまで出張って失礼してます。


>はとさん
いらっしゃいませ。
そうですか、8年前・・・・・・。
私がこの活動に足を踏み入れた時点ですでにこの路線は始まっていたのですね・・・・。
だとすれば尚のことこれを企図した方々は何を目指して考えたのかが非常に知りたいところです。
8年前の概要・・・是非どこかで拝見したいです。
RSは??? (kaz)
2007-05-28 11:59:49
RTは、BVSの活動で蛍を見に行っていたために、パスしてしまいました。
そんな話があったのですね。

> 1、BSとVSの統合
> 2、統合されたBSの後半年代で「より高度なプログラム」を展開
> 3、RSは団から切り離して全国組織として再統合

基本的には、皆様と同じ考えです。

ただ、相当、さらにかなり譲歩的な考え方として、1に関しては、人数不足によって、班としての活動が出来ない隊があるならば、統合して班活動をする方法もあるかもしれません(特に地方)。
2は、これは、今のベンチャーの活動を意味しているのであれば、そこでの年齢を区切らないという観点から見れば、進歩の歩みを個人で設定できるという点では、良い面もありそうです。要するに早くヴェンチャー的な活動をしたい人は、早く進歩して、菊章を取ってしまって、ベンチャーに移行する(特進制度的なもの)。受験等で菊章をあきらめてしまっていた人にも、高校1年まで枠を広げれば、その時までに取れる
といった、幅が広がる可能性が予想されます。

ただし、隊長が一人で良いのか、どうか。どちらにしても2を考えると、基本的なプログラム(どんなものかは判りませんが、高度なに対する言葉として)を担うリーダーと、高度なプログラムを担うリーダーが必要なことには変わりないと思います。要するに、今あるボーイのリーダーとベンチャーのリーダーは必要不可欠になるでしょう。

それに対してもっと判らないのは、RSの立場。
団から切り離すということは、指導から全ての責任まで連盟でするということなんでしょうか?
RSを団から取り上げるということは、団としての推進力をより低下させることではないのかな。
ちーやんかなんかの言葉でRSは発電機とか何とか言う言葉を見たことがありますが・・・。

私も、今いる立場と状況の中で、やれることをやるしかないのかな。
考えれば考えるほど (bskurosan)
2007-05-28 12:15:27
>Kazさん こんにちは。

もう蛍は飛んでいましたか?
どちらにいかれたのでしょうか?

さて、この件はホントにどうなるのか頭がいたい。
まあここでいくら吼えてもどうということも無いのでしょうが
だまってSAJからの決定を鵜呑みにするわけにはいかない気分です。

Kazさんのコメントをいただいて、根本的な問題点に
気付きました。

次の記事にします。
 (kaz)
2007-05-28 14:17:22
突然失礼致しました。

>もう蛍は飛んでいましたか?

はい。結構たくさんいて吃驚致しました。

>どちらにいかれたのでしょうか?

旧区のスポーツ大会会場近くで市境の里山です。
bskurosanさんの団も活動範囲ですよね。
昔、団倉庫があった最寄り駅からバス便が出ていますよね。

>根本的な問題点に気付きました。

私のコメントで根本的な問題点に気づいてくださるとはうれしい限りです。
私自身は、良くわかっておりません。

スカウト活動で腑に落ちないことがあり、家内に話したら、「所詮、素人集団の遊びにそんなに熱くならないの。それだけの効果を求めるなら、もっとプロを入れるべき。」と一蹴されました。

家内の発言はかなり過激ではありますが、確かにプロの集団ではなく、本職の仕事を持って、空いている時間に活動に携わっているわけですから、素人といわれても致し方ないことでしょうね。家内曰く、本当に学びたかったらプロを雇おうよという提言でした。
素人・・・・・ (bskurosan)
2007-05-28 14:44:49
うちのBVSは来月に蛍狩りと言っていますがそれまで
もちますでしょうか?
非常に心配です。

さて、奥様の発言、グさっときますねぇ。

ただその場で生活の糧を得てはいない、という意味ではまさしく「素人」なのですが
おそらく多くの指導者は「素人」「プロ」という認識では活動していのではないでしょうか?

あるいはプロでないから突き詰めることが出来る、という面もあります。
対価とのバランスを考えるプロであればそこまで時間を掛けることは意味がない、と割り切る部分を「素人」であるからこそ突き詰めていけるメリットはあるでしょう。

そして記事でも書きましたがBSAでは有給のスタッフが多く存在して職業としてこの活動のスキルを磨いていますがSAJでは事務系の専従職員がほんの少数存在するだけで「指導者」はすべて「素人」です。

仮にプロを導入したら真っ先に淘汰されるのは
「スカウティング」という考え方そのものであるような気がします・・・・・


まあ、私もこのブログにおいでになる方の多くもたいていちょっと「いっちゃった」方ですから・・・
素人集団 (Iインストラクター)
2007-05-28 15:09:59
確かにお金もらってないからねぇ!素人集団て言われても仕方ないけど、お金もらっている人が必ずしも優れているわけではないですよね!

ゴルフにしたって、15歳のBSにいそうなお兄ちゃんが勝っちゃうんだからね!



kurosanの言うように、SAJでリーダーをプロ化したら、真っ先にスカウティングを削られてしまうでしょうね!



効率優先てことで。



素人だから、休みをついやして、あーでもないこーでもないと、手間暇かけられるんだよね!



そう思ってやってました。ずっと!
目線を変えて・・・ (kaz)
2007-05-28 17:28:35
結構きつい一言だったので、紹介しました。
ただ、子供たちをBSに引き込んだのは家内です。
ですので、家内自身は、今以上により良くなって欲しいという思いは、彼女なりにあります。

リーダー自身がプロ化ということとは、ちょっと趣が異なり、隊長はコーディネイターで良いという考え方で、本格的にやるのであれば、一流の人材を呼んできて、教えてもらうというのも方法でしょう。と言う事です。

以前、bskurosanが、隊長は副長に任せて云々という一説がありましたが、要は、そこをリーダーだけで賄おうとしないで、プロを雇ってでもという意味のことだと認識しております。

プロなら誰でもいいのかといえばそうではなくて、スカウトに影響力を与えてくれそうな人材を選択しなければ意味がないと思います。

後は、スカウティングを理解した中で活動を実行できるリーダーを雇うという考え方もありますね。これは、企業のヘッドハンティング的考え方かもしれません。

これらの方法の良いか悪いかは、さておいて、色々な考え方や方法論があるという意味で、目線を変えて(今までの方法に固執しないで)考える必要があるのではないかという提言です。
一生懸命な指導者ほど (こがっち)
2007-05-28 18:06:32
ヤル気無くしそうです。





カラーチーム隊長だって「地区ベンチャーに成り下がるのはイヤダ!」と言ってました。





システムが変わる時期も、正体も見えてません。まぁ、概略は見えてきましたが…





何度も書くようですが、目の前にいる自隊のスカウトに対して力を注ぐだけです。



人間が多い地区のためか、素晴らしい指導者がたくさんいますが、それ以上に話しにならない指導者も多い。

しかも、ダメな指導者、団に対してダメと言えない地区。



日本連盟も数の論理で、少数のしっかりやってる田舎のスカウトを切り捨て、大人数のダメな状態の都市に合わせて変革しようとしてる。





今抱えてるスカウトの顔を思い浮べて行動しないと、やってられない。





う~ん

過激な話しであれば、削除してください。
過激ですか? (bskurosan)
2007-05-28 18:48:13
こがっちさん、別に過激ぢゃぁないでしょう。

それとも私の直メールに反応していただいたのかな?

一点だけ気になったのは田舎と都会という
2元論でとらえることは考え直していただけないかな。

田舎がどう、とか都会がどう、ということは私はない
のだと思う。

きちんとした団とダメな団があるだけ。
それは田舎にも都会にもどちらにもあるのだと思う。

それはお願いしたい。

それ以外はいいんじゃない。
大丈夫っしょ。
たまたま (こがっち)
2007-05-28 22:02:49
僕が育った佐賀の団が恵まれてたって事ですかな?(;^_^A
Unknown (名無し)
2008-03-16 20:35:47
人脈が無いせいですべての可能性をつぶされた。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
いよいよ変革が始まるのか? (もう一度、スカウティング ~ あるボーイスカウト指導者のスカウティング考)
BS・・もとい! VS隊長な日々にトラックバックしています。 日本連盟の構想として、次のようなものがあるようです。 (私はこれについてまだ何も見てないし、うわさレベルで云々するのも良くないでしょうが、全国大会や円卓など、いよいよ公式な場で発表され始めたよ...
具体的な問題は何なんだろう??? (スカウティング研究センター 事務局の日記)
BS・・もとい! VS隊長な日々のブログの記事を発端に、とても気になる記事が続いています。 ボーイスカウト活動の行く末 いよいよ変革が始まるのか? ボーイスカウト活動の行く末・・・2 ボーイスカウト活動の行く末・・・3 とりあえず、上記の記事の中でさまざまな議...