だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

アイ・フランケンシュタイン

2014-09-06 22:45:43 | 映画(あ行)

アメリカ
アクション/SF/ファンタジー

    * * * * * * * *

「アンダーワールド」シリーズのケヴィン・グレイヴォー原作のグラフィック
・ノベルを「ダークナイト」のアーロン・エッカート主演で映画化したアメコミ
・アクション。
フランケンシュタイン博士が生み出したモンスターが秘かに生き続け、現代の
地球を舞台に人類の命運を握る壮絶な戦いを繰り広げる。
共演にビル・ナイ、イヴォンヌ・ストラホフスキー。
監督は「トゥモロー 僕たちの国が侵略されたら」のスチュアート・ビーティー。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

かつて、ヴィクター・フランケンシュタイン博士によって創造されたモンスター
は、やがて悪魔の襲撃に遭遇するが、神に遣わされた天使の化身ガーゴイルに
助けられ、その女王リオノアによってアダムと名付けられる。
地上では、長きにわたって悪魔とガーゴイルの全面戦争が繰り広げられており、
悪魔はガーゴイルとの戦いに勝利すべく、アダムを利用しようと目論んでいた。
アダムは悪魔にも天使にも与することなく、ひとり荒野を彷徨い続ける。
それから200年の時が経った現代。人知れず生きながらえてきたアダムだったが、
ついに悪魔に見つかってしまう。
これを機に、己が狙われる真の理由を知ったアダムは、自ら天使と悪魔の戦い
の渦中へと身を投じていく。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告編を見た限りではイマイチな感じで、観るつもりはなかったんだけど、
『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』を朝一で観た後、
『フルスロットル』を観るまでに時間があったので、ちょうどスケジュールが
ぴったり合う本作をなんばパークスシネマで観る事に。

アレ? 意外に面白いな。

一般的にイメージされているフランケンシュタイン像と違い、動きも機敏だし
スタイルも良くて何だかかっこいい。

天使と悪魔の長きに渡る戦いというありがちな世界観で、悪魔が天使に勝つ
ためにフランケンシュタインであるアダムの製造の秘密を握ろうとアダムを
狙いだし、一方のガーゴイル達はそれを防ごうとする、これまたありがちな
展開。

だけども決してつまらないってこともなく、アクションシーンとか見応え
あったり、ウェイド博士役のイヴォンヌ、ストラホフスキーが綺麗だったりと
個人的には結構面白かった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケープタウン | トップ | フルスロットル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱ (sakurai)
2014-10-01 10:05:23
「アンダーワールド」つながりだったのですね。
それ臭がぷんぷんしてた。
期待値低かったせいもあったようで、それなりに見れました。。。って、それじゃあだめじゃん。
>sakuraiさん (はくじ)
2014-10-04 17:22:37
こんにちは。
コメントありがとうございます。

時間つぶし的に観たんですが、自分の思っていた
フランケン像と違ったりして、意外に楽しく観れました。

原作が「アンダーワールド」の人なんですね。
だからなのかアンダーワールドっぽい感じがするんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『アイ・フランケンシュタイン』 2014年8月24日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アイ・フランケンシュタイン』 を試写会鑑賞しました。 TIFFFという東京国際フランケン映画祭でした 3本上映してくれたのですが、 一本目の『フランケンシュタイン』は観れず、 二本目の『ヴァン・ヘルシング』と三本目『アイ・フランケンシュタイン』を鑑賞しました...
アイ・フランケンシュタイン (あーうぃ だにぇっと)
アイ・フランケンシュタイン@シネマート六本木
劇場鑑賞「アイ・フランケンシュタイン」 (日々“是”精進! ver.F)
「俺は、フランケンシュタインだ!」… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409070000/ [DVD] フランケンシュタイン Hi-Bit-Edition価格:3,099円(税込、送料別)
アイ・フランケンシュタイン (キノ2)
★ネタバレ注意★  久しぶりのアーロン・エッカート主演作☆  スチュアート・ビーティー監督のアメリカ映画です。  アメリカ映画なんだけど、主要キャストでアメリカ人はエッカートだけみたい。あとは、イギリス人のビル・ナイと、ほかはなぜかみんなオーストラ...
アイ・フランケンシュタイン (映画好きパパの鑑賞日記)
 フランケンシュタインの怪物が現代に生きていたらという設定のアメコミを映画化。「アンダーワールド」と同じ原作者、スタッフということで、いかにもという感じのSFアクションに仕上がっています。アクションシーンも特筆すべきところはないですが、時間も短いことも...
アイ・フランケンシュタイン/アーロン・エッカート (カノンな日々)
『アンダーワールド』のスタッフたちがアーロン・エッカートを主演に現代のヒーローとしてフランケンシュタインを甦らせたというSFアクション・ムービーです。アーロン・エッカー ...
アイ・フランケンシュタイン (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月10日(水) 21:55~ 109シネマズ川崎10 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 ブラック・ジャックより傷が無い。 『アイ・フランケンシュタイン』公式サイト そもそもフランケンシュタイン(正しくは、フランケンシュタインの怪...
アイ・フランケンシュタイン (迷宮映画館)
微妙・・・だけど、嫌いじゃない。
アイ・フランケンシュタイン (いやいやえん)
【概略】 現代に巣食う悪魔と、天使による全面戦争に巻き込まれたフランケンシュタインは、己の存在意義を探し続ける。 アクション ヴィクター・フランケンシュタイン博士が創造した奇跡の人造人間「フランケンシュタイン」。遠い過去の伝説と思われていたその...
アイ・フランケンシュタイン (銀幕大帝α)
I, FRANKENSTEIN 2014年 アメリカ 92分 アクション/SF/ファンタジー 劇場公開(2014/09/06) 監督: スチュアート・ビーティー 原案: スチュアート・ビーティー 脚本: スチュアート・ビーティー 出演: アーロン・エッカート:アダム・フランケンシュタイ....
アイ・フランケンシュタイン ★★★ (パピとママ映画のblog)
『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートを主演に迎え、『アンダーワールド』のスタッフが手掛けたSFアクション。現代まで生き残った人造人間フランケンシュタインが、悪魔と天使の全面戦争に関わるさまを活写する。再生細胞の研究者であるヒロインを、テ...
アイ・フランケンシュタイン (miaのmovie★DIARY)
【I. FRANKENSTEIN】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ヴィクター・フランケンシュタイン博士が創造した奇跡の 人造人間「アダム・フランケンシュタイン」。 遠い過去の伝説と思われていたその生命は、誕生から 200年経った現代まで生き続けていた。 世界支配...
『アイ・フランケンシュタイン』('17初鑑賞05・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月20日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 字幕版。